« こづかい帳 始めました | トップページ | 読み中 »

2011年5月14日 (土)

ブラックスワン

今日は映画「ブラックスワン」を観てきた。
 
↑なんとブログらしい書き出しだろうか。
今日起こったことは今日メモする。本来ブログというものはこうでなくっちゃいけない。
 
そして「映画を観た」という内容もまた、よりブログらしい。
買ったもんを紹介まがいに記録する、それじゃぁどこぞの「ナルシス」と変わらない、ちがうか?
 
わかってるけど、なかなかそううまくはいかないこともわかってるので、今回くらいはブログらしいブログをしているという慶びに浸ってみる。
 
えと。
「ブラックスワン」はバレエ演目『白鳥の湖』の主演に抜擢され、白鳥と黒鳥のニ役を演じることになったバレリーナ(ナタリーポートマン)がプレッシャーによって精神分裂していくといったサイコスリラー。
 
監督のアロノフスキー監督はなんと今監督をリスペクトしている。
過去の作品にもその影響は伺えて、だから観にいったという理由が正しい。
やはり「ブラックスワン」も「パーフェクトブルー」との類似点が多くみられてちょっとニヤってしまった箇所がある。
あ、ちなみに独りで観た。
 
けど基本的にスリラーものはニガテなので、いつヴィジュアルショックが来るのかと始終ビクビクしていた。
とにかくはナタリーポートマン。
演技もだけど、実際のバレエシーンとかすごい。それだけでも観る価値充分。
精神的な不安から、現実と非現実、二人の自分・白鳥と黒鳥が混交してゆく様、圧巻。
よくできてたー。だいいち、スキなジャンル。
 
客層は娘が母をつれだって来てた風のペアとかも多くみられて、意外だった。
わりと官能的な描写が多いけど、気まづくなかったのかな。どーでもいいか。
 
上映前に、中年夫婦の持ってたポップコーンをうっかりぶちまけちゃったヒロイン付きの男子がいたけど、あのあと気まづくなかったのかな。その夫婦にも、そして彼女さんにも。
あ、これもどーでもいいんだけど。
 
怖かったけど、観てよかったな。率直。
 
映画「ブラックスワン」公式サイト

|

« こづかい帳 始めました | トップページ | 読み中 »