« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月 9日 (水)

今敏監督ナイト

というわけで、再び時を溯る。
2/12日。←ずいぶん前だな。
予定通り「今敏監督ナイト」に行ってきたわけ。
 
映画館「シネセゾン渋谷」の閉館イベントで、あらゆる作品のリバイバル上映が行われており、その中のひとつとして「今敏監督ナイト」がありました。
 
ちなみにシネセゾンはパプリカの作中に出てくる映画館のモチーフになったところで、
座席の色以外はほぼいっしょ。ここで今監督作品が観れるなんて!なんという。。
 
要約すると、これまでの今監督の劇場作品を順に上映するというもので、計4本+。
パーフェクトブルー、千年女優、東京ゴッドファーザーズ、パプリカ、オハヨウの連続上映で、
深夜0時から朝まで、約7時間(!)耐久鑑賞をたのしんできたというわけである。
 
始まりが深夜0時からということで、出発は遅めにして例のごとくバスで向った。
今回は独りぼっち。
となりの席にはピンクで全身をデコレーションしたファンシーな女の子が乗り込んで来たので、
それなりにバスライフは愉しく過ごすことができた。
 
ちょうどこの前日は東京でも積雪が観測されており、路面凍結なんかが気になったりはしていたけど特別問題なかった。そんなことより、途中立ち寄った足柄サービスエリアの銀世界ぷりには驚いたものだ。
 
Asigara

到着後、最近はヤに上京が多いことから奨められていたTOIKAを購入することにした。
そのTOIKAで表参道。
MOMAストアがあるファッション複合ビルのgyre(ジャイル)に行って時間を潰した。
 
上映時間を前に、nonaka-sunたちと合流。
上映に備えた。
 
無論のプレミアチケットとなった今回の今敏監督ナイト。
おかげさまで我々は正式チケットを予約できてたけど、
立ち見客も40人ほど居たようで、みなさん通路に座布団を敷いて座ったりしてた。
 
作品自体の感想は言わずもがなだけど、
旧作品を劇場の大きなスクリーンと大きな音場と共有関係者たちと観られる慶びといったらなく、
終始感動していた。
 
ただ、さすがにラスト「パプリカ」あたりで頭がグラつき始めたけど。眠すぎ。
寝てもないのに清々しく「オハヨウ」とはいかず、半幽体離脱状態のお疲れ様となり、その場をあとにした。満足すぎ。

Sezon1

Sezon2
 
翌日は昼ぐらいまで寝てて、夕刻みんなで美味しいモツ鍋食べにいった。
帰りは新幹線で帰宅した。

|

2011年3月 8日 (火)

Let's hurry up.

告知:
そろそろ、引っ越すんである。
引っ越すのはブログではなく、事実上の移住。
といっても笑えるほど近場なので別段取り立てて言うことでもなく。 

ただ最近はそればかりに気を取られて、コチラもつぶやきの方もさぼり気味なのであります。
※そうでなくても、さぼることはあります。
 
それに関して生活に必要なもの、新調するものと、最近ではほぼ毎日のように買物させられてるような有様。
これまで買うことのなかったような品々を目下続々入荷中につき、これはこれでなかなか愉しいものです。
 
来週の週末にはカギ渡しが行われるので、それまで(つまりは今週中)には
まだ置き去りにしたままの淡きキミをおおよそ排出しておかないことには真・生活はおくれますまい。
と思ってるわけです。
 
Let's hurry up.

|

Askew

しばらく時計ってしてなかったけど、
フツーのアナログ時計が欲しくなってちょっと探したりしてた。
 
Askew
 
というかいまだに探してる。
というのもコレはアクセサリーウォッチですし。
 
平常価よりぐっと安値で手に入れたわりには、ちょっと繊細ゆえに傷をおそれて外では使いづらいと。
なので今はほぼ室内用。
 
どんな時でも数字なんかに捕らわれては、ダメ。
 
Askew2

|

2011年3月 7日 (月)

WWFトート

最近使ってるトート。
 
Wwf
 
WWFのキャンバストート。
決して、最近のパンダブームに便乗したわけじゃないぞ。
 
売り上げの一部はWWFの自然保護活動に活かしていただけるみたいですが、
単純に、生地の丈夫さとかわいいロゴが気にってる。
 
いいだろ。

|

2011年3月 5日 (土)

ネット宅配レンタル

順番前後して申し訳在りません(頬杖をつきながら)。
 
最近、TSUTAYAディスカスでDVDをレンタルしてみている。
 
前々から興味はあったんですが、「ネット宅配レンタル」。
現在TSUTAYAディスカスでは無料お試しレンタルキャンペーンとかで1ヶ月分、DVD・CD合わせて8枚が無料でレンタルできる。
 
ネット宅配レンタルにおいて魅力的なのは「自宅で借りて ネットで予約 ポストへ返却」というCMソング(あ、これはTSUTAYAのじゃないのな)、にあるようなことではなく、
そう。「ではなく」、
 
その豊富なタイトル数で、ご近所では置いてないようなレアなタイトルがまー揃うものですから。
近ごろは観たいのにちっとも置いてないなぁと嘆くこと度々なれば、
いよいよもってこれこの時を持って「ネット宅配レンタル」たるのなんぞやをばをと 始めてみたっていいんでないかと思う事しばしばありますからして、
とりあえずなんて軽い気持ちで無料お試しレンタルの、キャンペーンにこそあやかりましてこのたびこの期に始めてみてみたという次第。
 
なので、近所じゃ借りられずに困ってた作品を中心にDVDやらCDをリストアップして借りてみてる。 
お試ししてみてわかったこと。
 
個人的なペースの問題だけど、毎月8枚にはムリがあった。
返却期限はないというけど、月定額だからね。無条件で毎月引き落としだしょ。
逆に焦って観なきゃ、って気分になる(性格上)。
通常のプランだと予約したDVD・CDは2枚ずつ届く。その2枚を返却すると、次の2枚が届くというシステム。
観る→返す→受取確認→次の宅配。この時点でタイムロス。
観たいときを見越して、返却していなければならないという不都合。
合計8枚だから、1ヶ月に4度もポストへ足を運ぶことになるのはメンドウ。
と、「向いてない」を実感。

わかってる。わかってる。利用目的がハナから違うのだからな。
本来は自宅に居ながらにしてネットで借りられるその利便性だよね。
 
ただ、なんだかんだ言って豊富なタイトルってやっぱり魅力なんだわね。
お試し期間が終了したら、プラン変更で1ヶ月4枚のにしようかな。続けるかも。
 
新作をじゃんじゃん観たい人とかは絶対お得だよね。
 
今回借りてる数作品に関してはまた追々、最近の鑑賞記録にせんことには。
やれやれ。

|

2011年3月 1日 (火)

HANG UP IT'S ALL UP

片手に重たい手提げの紙袋。
正装に革靴といったスタイルはそれでなくても歩きづらい上、身体が痛む。
それにあまり寝れてないわけだ。
どこに行ってもそうだけど、よそではグッスリとはいかない。
誰が悪いわけでなく自分が悪いのだが、おかげで目覚めはいいものだ。
 
六本木は「新国立美術館」な。
地下鉄から降りて、上にあがってきたらすでに美術館内。すげぇ。
なんて思いながらも顔面は至って平静だ。
 
「メディア芸術祭」とは。と説明するのもめんどう。コピペ。↓
インタラクティブアート、インスタレーション、映像、Webなどのデジタル作品や
アニメーション、マンガなど、世界49の国と地域から応募のあった、2,645作品から
選ばれた171点の優秀作品を展示・上映。
 
と、芸術性と創造性を基準に選ばれたメディア芸術界の受賞作品が一堂に。
 
今回の受賞作品ほか
 
ちなみに2001年のアニメーション部門の大賞は、かの「千年女優」である。
 
見てタノシ。触ってタノシでワクワクしたが、
これ独りで行ったのは勿体なかったな、とちょっと後悔。
なんかこうすぐにレスポンスを返してもらえる相手と行くべきだった。
 
ただ、興味深いものはたくさんフックにかけてきた。
湯浅政明さんの四畳半神大系は今後観るであろうし、DSソフトのゴーストトリックは買うかもしれね。
 
その後は、特別行く当てもなかったが三軒茶屋界隈をぶらぶらし、その足で
nonaka-sunとQ-sunが待つ成育医療研究センター前でバスを降りた。
三人で店内にいまだにクリスマスミュージックをかけてるインドカレーやで食事をした。
 
ちょうど浜松へ行くことになってたnonaka-sunと共に帰路へついた。
小田原の駅でおすすめのかまぼこトミカを買ってお土産とした。
 
 
と、これでまたすぐ翌週には「今敏監督オールナイト」で再びくることになってる。
最近、我ながら上京しすぎ。なんて思いながらも
 
鉄の足、 磨り減った右肩、伸びきった中指 薬指、紅いクマドリ。
そして ただいま。帰宅した。
 
Tomika

トミかまのかわいさ。

|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »