« 海帰線 | トップページ | 還弦主義のフィナーレLIVE »

2011年1月27日 (木)

着せるはだか

誕生日を迎えちった。
また一つ、歳をごちそうさました。
それなりに衝撃的ではあったが、内部に留めてまぁそろそろ落ち着くころ。
 
 
iPhoneカバーを買った。
これまではフェルト質のiPhone用ケースから本体を取り出す、しまう、という動作で
本体自体は剥き出しで使っていたわけだけど、そのケースもそろそろボロっちくなってきた。
ここへ来て装いを新たにしたくなったわけ。
 
もともと装着カバーには抵抗があって、だから使わなかったわけだけど、それもつけるカバーに寄るだろと思い直した。
悩んだけど「NUDE」と呼ばれるカバーにした。
 
Nude1
 
Nude2
 
ケースをつけていることを感じさせない。そこが○マル。
薄さは8ミリ。軽い。
衝撃を防げるタイプのモノではないが、傷からはキチと守ってくれる。
 
NUDEと呼ばれるだけあって透明のクリアタイプもあったわけだが、ホワイトにした。
白には白。歯には歯を。
ホワイトでもこの8ミリという薄さは裏面のマークがうすら透けるほど。
 
ネット判断だったので不安はあったが、アタリを引いたな、という満足感。
だいたい もう3G用のケースは店頭では手に入りずらくなってる。
 
液晶保護フィルムも付随していたので、新しく貼り直すことにした。
まるで買ったばかりのような新鮮さを取り戻した。ホントに。

|

« 海帰線 | トップページ | 還弦主義のフィナーレLIVE »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 着せるはだか:

« 海帰線 | トップページ | 還弦主義のフィナーレLIVE »