« 家族八景 続•上京篇 | トップページ | 年内読完拝借漫画 »

2010年12月23日 (木)

追悼出版

押井守氏原作、今監督よる近未来系マンガ「セラフィム 2億6661万3336の翼」。
前にコミックリュウの別冊付録として収録されていたけど、その巻末の朗報どおりこのたび無事にコミック化されました。
 

セラフィム 2億6661万3336の翼(リュウコミックス) [コミック]Bookセラフィム 2億6661万3336の翼(リュウコミックス) [コミック]


著者:押井 守,今 敏

販売元:徳間書店

発売日:2010/12/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 
限定版には今敏氏の記事や各関係者のインタビューを掲載した小冊子がついてました。
たいへん興味深く、たいへんありがいたいです。
 
それと「OPUS(オーパス)上・下」
こちらも初コミック化、初刊行。
 
OPUS(オーパス)上(リュウコミックス) [コミック]BookOPUS(オーパス)上(リュウコミックス) [コミック]


著者:今 敏

販売元:徳間書店

発売日:2010/12/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 
OPUS(オーパス)下(リュウコミックス)BookOPUS(オーパス)下(リュウコミックス)


著者:今 敏

販売元:徳間書店

発売日:2010/12/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 
マンガ家である主人公が、自分の描く漫画のキャラクターにページを持ち逃げされてそれを追って自分の漫画世界に入って作品の崩壊を食い止めようとする...
これぞのちの今監督作の先駆的な作品かと。
現実と虚構というメタフィクションを「マンガ」という媒体でやってます。
抜きん出た画力とその見やすさ。
 
中の仮面のキャラクターはアルバム「ヴァーチュアルラビット」の裏ジャケットで平沢さんが持ってる仮面にそっくりなんですが、おそらく間違いなくそうでしょう 笑。
 
こちらも野暮な感想なんぞは避けますが、とにかくぜひ読んで !!!、としか言えない。
素晴らしかった。
 
このすぐあとに、今さんは「パーフェクトブルー」で初監督をつとめられるわけです。

|

« 家族八景 続•上京篇 | トップページ | 年内読完拝借漫画 »