« ラストソルジャー | トップページ | 世界から「あ」を引けば »

2010年11月27日 (土)

大友2夜連続

大友克洋先生のコミックが2冊。
日をダブらすことなくそれぞれ届いた。イェイ。
 
Otomo
 
先日の「童夢」よりも前の作品である傑作集「さよならにっぽん」。
この時点ですでに読了している。
登場人物がみな人情味あふれ、読み終えたあとはどこかあたたかい気持ちにさせてもらえる。
 
近年映像での活躍が目立ち、商業的傾倒とも揶揄される声もありますが、
やはり歴史を変えたといわれる大友漫画。
この原点にこそ、今更にして改めて感心させられるばかりと思う次第にあります。
 
もう一方「SOS大東京探検隊」は比較的新しい。これから読む。
これはアニメ映画化された「新SOS大東京探検隊」があるが、
観るならキチンと純正原作を通ってから観たいと思っていて観てない。
 
直接は関係ないけど、原作を純正と考えるがゆえにソレ意外を非純正、いわゆるサードパーティの作品と捉えつい臆してしまう。本当は期待しているからこそ裏切られるのが恐いのである。これはますます激化の一途を辿る傾向といえる。この不安を打開する作品に出会えることができたとき、これ以上の慶びはないのだろうな。

|

« ラストソルジャー | トップページ | 世界から「あ」を引けば »