« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月25日 (月)

激突!午前十時

午前十時の映画祭で「激突!」を鑑た。
 
1950年〜70年制作の名作映画を劇場で観られる午前十時の映画祭。
その名のとおり毎日午前10時に一本だけ上映されている。
 
古い作品はビデオとかでも観られるんだから何もわざわざ劇場でお金払って観るこたあるまい、
という声も聞こえてきそうだけど、そういうこっちゃない。わかっちゃない。
 
『豊かで、贅沢な朝の2時間を。』と、こんなコピーがくすぐらせる。
 
週代わりで作品が変わる。
この週はたまたま観たいと思ってた「激突!」をやるというのでこれを機会に初めて利用してみた。
最近「ジョーズ」や「未知との遭遇」など、スピルバーグの初期作を観ている流れで、「激突!」はタイムリーだったということ。それだけ。
 
ある日男が道を阻むタンクローリーを追い抜くと、そのあと執拗にタンクローリーが追いかけてくる。
主人公は精神的にも追いつめられて行く。これで約1時間半。
 
面白い!こういうの。
 
タンクローリーの運転手は最後まで顔を見せない。
正体不明、目的不明。だからイイ。
タンクローリーを怪獣のように描写する、これが「ジョーズ」に引き継がれたという。
 
事の「きっかけ」が日常の中にありそうで怖い。
車を追い越すときにはご一考を。である。

|

追悼BOOK

今監督が「パーフェクトブルー」の監督を勤めるより前、アニメージュで連載されてた長編。
「セラフィム 2億6661万3336の翼」。
あの!押井監督との合作なんですが、意見の齟齬があって結局未完に終わってしまったというまさに幻的作品。
 
コミック化もされていないために現在は読むことが叶わない作品のひとつでありましたが、
この度、月刊コミック「リュウ」の付録として追悼BOOKでその幻が蘇ったわけです。
 
Tsuitobook
  
ところが、巻末に緊急朗報がありました。
幻の長編「セラフィム」と「OPUS」がそろってコミック化決定!とのこと!
 
感激ですね。
この勢いで現在入手困難であります「ワールドアパートメントホラー」の再販も、
と願う次第でありまして。
 
 
さて、偏った話題が続きますが次はまた映画のお噺。

|

原点回帰

この度「スーパーマリオブラザーズ」が25周年を迎えられまして、その記念企画として「スーパーマリオコレクション」がWiiで復刻されたわけである。
25周年。まさにともに歩んで来た人生といっても過言ではないぐらい「マリオ」は我々同世代にとっては身近な存在であり続けている。

スーパーマリオコレクション スペシャルパックVideo Gamesスーパーマリオコレクション スペシャルパック


販売元:任天堂

発売日:2010/10/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 
まぁゴク当たり前のように買ってしまうわけである。
「記念、限定、復刻」のキーワードに加えて、「懐かしさ」というものにどうも弱い。
特典として付いて来るブックレットやサウンドトラックに惹かれたわけではないの。
 
今回復刻された「スーパーマリオコレクション」はスーパーファミコン版の完全移植で、内容は当時のものと全く同様。
スーパーマリオ、2、3とUSA、計4作が収録されている。
 
そもそもファミコン版の元祖「スーパーマリオシリーズ」がスーパーファミコン版へとグラフィックの向上とともにリニューアルされたものが「スーパーマリオコレクション」である。 
 
いわゆる元祖の「ドットマリオ」のヴィジュアルイメージって、バーチャルコンソールやアドバンスソフトなど現在でも普通に遊べてしまうために、懐かしさという点においては少々うすまってきている印象にあるが、今回の「マリオコレクション」のグラフィックはスーパーファミコン以来ということもあって非常に懐かしく感じられる。
個人的に「3」なんかはコレクション版の方がスキだったりする。
 
そんな復刻マリオ3は「1日1エリア」ただし「笛は使わない」という方法でチマチマと進めてみている。(現在は7エリアでストップ中)
それを友人に話したら「大人の愉しみ方だね」という指摘をうけた。
なるほど。
原点回帰したつもりが年月とともに遊び方も変化してしまっていたんだね。
悲しいというか、姑息さが増しててさらに悲しい。
 
ただレアアイテムを出し惜しみして結局使えず溜まっていくという可愛気な性根は変わっていないようである。

|

バクマン。

ここへきてうんと前。
9月のことへと逆らい進むが、JCの「バクマン。」が急に読んでみたくなったんでレンタルで全巻分借りたことがある。
なぜ読みたくなったのか経緯は定かじゃないが、「レンタルで全巻分借りる」という行為自体はこれまでたったの2回と少なく、自分としてはレア事だと思っているが、2度目ともなればもはやさほどレアでもない気がしないでもない。
ちなみに前回は「20世紀少年」であった。
 
週刊少年ジャンプで連載中の「バクマン。」だが、最近NHKでもアニメが放送されており、認知度が高いかと思えば案外自分の周囲に読者がいないことが判明。たしかに中学生がマンガ家を目指すという地味なテーマにとっつきづらさはある気がしないでもない。
 
本作のウリとも言えるのがそのリアルな「現場」描写である。
どこまで本当かわからないが、集英社の編集部、マンガ家事情、実情(アンケート投票によって人気のないマンガは容赦なく切り捨てられる)など、生々しい「現場」をここまでさらけ出す内容に惹き付けられる魅力がある。直接漫画関係の固有名詞を多く登場させているあたりもまたリアルである。
これまで何気なく読んできた「ジャンプ」の裏舞台をみた気がして今後週刊連載の見方さえ変わっちまう気がしたものである。
ちなみに自分は現在、連載マンガ雑誌を読まないのであるが。
 
作者は「DEATH NOTE」の小畑師匠と大場つぐみ氏のタッグで言うまでもなく「保証」されたマンガであったが、そんな生々しい内容をカラッと軽快な夢と希望の熱血少年マンガに仕上げたのはさすがでした。
 
さて、そんな「バクマン。」。
コミックの中に収録されたネームがラッキーマンの「ガモウひろし」先生にそっくり、ということで「大場つぐみ」=「ガモウひろし」説が一部で話題になっているということを知るきっかけになった。
これまでも「大場つぐみ」氏のプロフィールはひた隠しされ、その正体については様々な憶測がされていた。
ここへきて「ガモウひろし」説とは正直言ってびっくりしたのである。
 
ちなみに「バクマン。」のスペルが「BAKUMAN」であり、その下部を隠すと「RAKIIMAN」になるなんていう偶然(?)仕掛け(?)もある。
ほか、むしろそう仕向けようとするほどのヒントが至る所に散りばめられているという話。
ダヴィンチコードならぬ大場つぐみコード。その点も含め「バクマン。」◯マルでございます。

|

来ちゃだめ

Kityadame
 
愛着が沸いてきたので、こちらでも。

|

2010年10月24日 (日)

改訂復刻DIGITAL版

『音楽産業廃棄物』
P-MODEL&ヒラサワの資料的書籍。
記念すべき2010版では、紙の印刷物からデジタルデータへと形式が変更された。
 
自分はダウンロード版を。
さっそくダウンロードで購入した。
 
Sangyo
 
形式がPDFなので、iPadにも入れられ(無論iPhoneでも)話題の電子書籍としても愉しめてしまうわけである。
 
モバイル化されたことでいつでも好きなときに開いて見られるという感覚がまた新鮮で良い感じ。
うんうん。

|

2010年10月22日 (金)

エクスペンダブルズ

いつだったか「エクスペンダブルズ」を観にいった。
あ。確認したら17日のことだった。
 
スタローンが監督、脚本、主演をつとめた戦争アクション映画。
新旧のアクションスターたちが集結したことで話題だったが、無論自分の目的は主にジェットリーである。
 
その前日が公開初日で行けるチャンスもあったものの、この映画、R-15指定の暴力映画だろ。
ってんで、さすがに躊躇してしまってその日はやめた。
なら観なきゃいいだろ、って思うだろうけど、ジェットリー出演作は映画館で観るようにしてるのでもう義務みたいになってしまっている。
っつーわけで観ないわけにはいかないので一夜の葛藤を経て、その翌日に延期させたという経緯である。
 
ツイートしたことともだいぶエクスペンダブるが、懸念してたほどヤな感じはなくってとりあえず安心した。
内容自体はどうにもこうにもだが、とにかくテンポがよく痛快すら感じさせるでき。
この手のアクションゲーム好きにはすんなり受け入れられるはず。
もちろん題材自体は好みが別れる。骨太で男くさいし、バイオレンスといえばその部類。
けど重たくはない。ジョークも散りばめられてたりしていてむしろ明るい。
軽快なノリと言った具合。その辺もまさにアメリカンである。
 
ジェットリーは脇役だけど、見せ場もあった。
身長が低いことをバカにされたりしていて、この面子の中じゃぁこうも扱いが変わるのかと面白く観た。
 
ともあれ、
あるていど覚悟して観た分、「あーよかった」っていう安堵感の方がむしろ強く、おかげで愉しめたと思う。
 
 
ちなみに、ポイントを使用したので「タダ観」である。

|

2010年10月21日 (木)

えー、どうも人というものは

東京三幕より前のことになる。
とまだそのころのことを引っ張るわけだが、唐突に「落語」を聞き始めてみている。
 
「落語」というよりは「五代目古今亭志ん生の落語」を前から聞きたいと思っていたんである。
その経緯は黙して語らずスキップする。
 
とんちの聞いた掛け合いや話の筋立て、語る志ん生師匠の巧妙な話芸。
面白い。登場するキャラクターは人間味あふれ滑稽で笑えるわけである。
 
ここだけの話、昔は「落語」って何が面白いのかわからなかった。
今にして思えば、独特な語り口調や解りにくい古い用語が過去の自分にそう思わせていたようである。
要は「話についていけない」「おいてけぼり」「乗っても落ちる」ような状態であった。
 
ところが今はどうだ、ちゃんと理解できるじゃないか。
理解できれば、面白いんじゃないか。
まだ数本しか聞いていないけど、志ん生師匠がそれを教えてくれたようである。
 
あ。購入したわけではなくて。
CDを図書館で借りて来た。
なるほどこの手があったか、と手のひらで振り下ろしたグーをポンと受け止めてしまった次第である。

|

2010年10月20日 (水)

張り紙の刑

帰宅後、その翌日。
朝、駐車場に出て血の気が引く。「車がない」と。
急いでいるのにどうしよう。と焦る。
 
最後に乗ったのはいつだったかな、寝ぼけた頭でその記憶の回路を辿ってみた。
東京出立のその前日、のしかも夜、浜松へ行った帰宅すがらに近くのスーパーへ寄ったぞ、と。
翌朝の旅路に必要なミネラルウォーターを買ったっけ、と。
でそのあとどうした、と。
 
そうだ。思い出した。
というか多分こういうことだ。
そのまま歩いて帰ったのだ、と。
 
その近くのスーパーへはいつも歩いて買い物にゆく。
だから普段通り、歩いて帰ってしまっていたとしても不思議じゃない。
いや、充分不思議か。
無意識だったために身に覚えがない。
無意識というよりこの場合は「クセ」といった方がいいかもしれない。
何度も同じ動作を繰り返すうちに体に染み付いてしまった習性とも言うべきか。 
 
実は、自分の車がないことに気づいた前夜もそのスーパーへ足を運んでいた。
無論、徒歩でである。
しかも帰り際、「迷惑駐車」の張り紙をベラボウに貼られた自分と同じ車種の車を目撃している。
このときは「哀れな」と思っただけで話のネタにしようとしていたぐらいだった。
 
まさかそれが自分の車だったとは夢にも思わなかったのである。

このスーパー、無断駐車の取り締まりがキビしい事でも知られている。
それを知っているからこそ「しない方が良い」ということは自分が一番よく知っていたつもりだった。
 
哀れ、この日の朝はスーパーまで車を取りに行った。
特に何も告げずに「迷惑駐車」の張り紙をその場で剝がして乗って帰った。
実質、4日間も迷惑な駐車をしてしまっていたのだ。
張り紙は窓という窓を全て塞いでいた。
なにか日頃の恨みでも晴らすかのように「これでもか」というくらいベタベタと。
そのあまりの光景に怖くなって身震いさえした。
お客様と「そうでない者」を徹底的に分断し、そんな悪者をかんぷなきまでに叩きのめそうというその店舗理念と志たるはすさまじい。引いては善良なお客様のためでありますからして。
自分の車はこうして4日間、善良なお客様へもまたそうでない者たちへの「見せしめ」として、役にたったようである。
 
うそ。完全に自分が悪いのは明白じゃないか。反省すべし。
他所へ置き去りにしたことで哀れな姿を晒させられたこの車にも申し訳ない。何かケーキでもごちそうしてあげたい。
 
さて、しかし残されたのは張り紙を貼るために使用された超強力粘着質・ガムテームの痕であった。
  
 
後日談、
それから何日間かかけてチマチマと剝がす作業に追われるハメになったわけだが、
そう一筋縄ではいかんので、最後には「スーパーノリクリン」というプロが使う粘着シール除去剤をあるルートからお借りし全て剝がすことに成功した。まさにリーサルウェポン、これが気味が悪いぐらいいとも簡単キレイさっぱりとれたのである。良かった良かった。

|

2010年10月17日 (日)

童夢と西遊妖猿伝

帰宅後、ポストの中には出立前に注文しておいたコミック「童夢/作・大友克洋」と「西遊妖猿伝 大唐意篇/作・諸星大二郎」が届けられていた。
この2作、一体どんな取り合わせだ。説明できるが、説明しない。
 
Doom
 
すでに「童夢」は読了しているが、読み始めたら気づけば最後まで留まることなく読み干していた。
なんて面白いのだろう。
自分ごときが、また、いまさらながら言うのもなんだが、未読の方は是非一読をお勧めしたい。
 
つづいて「西遊妖猿伝」が控えているが、諸星大二郎先生の作品は初見。
ほかにも見たい作品はたくさんある。第一弾としてコチラを選択してみた。
モチーフは「西遊記」。
ぼちぼち読み進めて行くことにいたしましょ。

|

2010年10月16日 (土)

東京三幕

もう先週のことですが、東京へ行ってきた。
 
「新宿バルト9での今敏監督追悼上映に伴い、平沢のゲストトークイベントが急遽決定いたしました。」というまさに突然すぎる朗報を2日くらい前に聞き、その日の当日チケット目当てで急遽東京ゆきが発足したという経緯。
 
当日チケットは朝8時30分からの配布で、わずか先着70名のみ。
おそらく長蛇のプレミアチケットとなることを予測して、朝は始発新幹線を飛ばしました。
飛ばしたというか、自分はそわそわして乗ってただけなのですが。
ちなみに、展開が急だったこともあって今回は独ぼっちで向っています。

----------------------------------------------------------------------
■土 09

現地にてnonaka-sunが約1時間ほど前から向ってくれてるというので半分安心しておりましたが、自分が向かう途中で早々「だめだった」という報告がきまして、当日チケットは獲得ならずの結果に無念、おわりました。
 
あとから聞いた話によると前日深夜から並ぶ強者もいたようで、最初から負けイクサだったということでした。
 
新宿を降りると、nonaka-sunとU-sunが残念そうなお顔で迎えてくれました。
連休中はこちらでお世話になることに。せっかくなので遊んで帰ることにしました。
 
その後、最近移り住まれたというウルトラな街の新居に案内してもらう。
ウルトラマンを想起させる外灯が並ぶ珍妙な商店街がステキを放つ。
その日は空模様が悪く途中スーパーで200円ビニール傘を購入した。
nonaka-sunは100円のレインコート。おばさんみたいに見えたやつ。
ドトールでホットドック。三人とも。朝急いで出てきたのでこれがその日初食でした。
 
そこからnonaka-sunとで「アーツ千代田3331」のギャラリー(元中学校をリノベーションしてる)で行われてた「PAC-MAN展」を見にゆく。

Pacman1

Pacman2

パックマン30年の歴史が一堂に介す愉しい展示だった。当時の手描きの設計図なんかもすごい貴重。
懐かしのハードで実際に操作も可能で、ひとしきり遊んで来た。
施設内のカフェで昼食。自分はトマトを煮込んだカレー。
あとワークショップがあって、クロスステッチデザイナーの大図まことさんがいらした。
こないだTVで見たばっかだったからすごくタイムリー。
 
午後は最近渋谷東急に出来たっていう大型書店「ジュンク堂書店」をブラブラした。
とんでもねぇ量の本に面食らった。近所にあればなぁ、助かるんだけど。
 
「D&DEPARTMENT」にも行った。初TOKYO店。世田谷にある。
落ちついた照明で、ゆったりした空間だった。
静岡で買えなかったタイ空港カトラリーのティースプーンをお土産にした。
コーヒーでしばらくのんびりした。外は雨、この日はもうずっと降ってた。
 
Q-sunと合流して夕食。「ジャンズ」というベトナム料理店でいっぱい食べた。
ぶよぶよの春巻き?あれなんていったかな、全部おいしかった。
お店の現地人のおばちゃんが料理に化学調味料を使ってないというこだわりを語ってくれた。
クゥルェステェルォール。←コレステロール。
 
----------------------------------------------------------------------
■日 10

翌日は4人で映画「トイレット」を観に出かけた。あれは新宿武蔵野館。
上映前に昼食。「やんばる」っていう沖縄料理店。
ソーキ、チャンプル、やきそば、あと色々。
時間ギリギリで急いで食べたけど、ウマかったぁ。濃いめの味つけ?
なんで地元にこういう気軽に入れる沖縄料理屋ってないんだろな。
 
荻上監督の「トイレット」面白かった。良く出来てて、もたいまさこがクール。
あ、関係ないけど、東京は想像以上に「ポケモン」ユーザーが多い。
 
で、「ゴッホ展」をみた。六本木、国立新美術館。
ミーハー気分で観たいと思っていたからラッキー。
展示室に入るのはこれが初めてだった。
20分待ちの行列ができてた。初日に買ったビニール傘がそろそろジャマになっている。
生じゃなきゃみられない立体感とか、ゴッホさんの人柄もみえた面白い展示だった。
ギュウギュウの人集りだったけど。
 
この日の夕食はピェンローと決まっていた。家鍋。
買い出しをしながら帰った。すごい量の生肉を見た。
中国風白菜鍋のことらしく、初めて食べたけど美味で。
だしと塩と七味でいただくので、ポン酢の味しかしない鍋とは雲泥。
 
「トイレット」で登場したギョーザに触発されてギョーザも作って食べた。
帰りに買っていたケーキも食後に。贅沢だ。
これまで、ベトナム、沖縄、中国、とアジア料理三昧となってます。
 
----------------------------------------------------------------------
■月 11

翌日はちょっと東京を離れて「鎌倉」を観光しに。
前日までの雨がウソのように晴れ上がり、夏がぶり返したかのような暑さだった。
実は鎌倉は初めてだった。こんな機会に行けるだなんてラッキー。
とりあえず「鳩サブレー」をお土産に、お昼はきしめんを食べた。
こちら長谷寺。
 
Hase

かの有名な「鎌倉の大仏」も初めて拝観。背中に窓あるのね。
大仏様の内部(「胎内」と呼ばれていた)ももちろん入ってきた。すんごい暑い。
 
Daibutu1

クレープ買った。クリームチーズの。
犬のいる雑貨店でココペリも発見した。いろいろとリンクする。
 
そろそろ帰る時間。
藤沢駅周辺、1本の木にものすごい数の鳥たちがいっせいに鳴きじゃくっていた。異常だった。
駅付近にある「ダブルドアーズ」というお店で、乾杯。

Moheat

モヒートっていうラムベースのカクテルをいただきながら、旅の一連を振り返る。
そこで出されたイモのサラダ、ゴルゴンゾーラピザ、すんごく美味しかった。
 
もともとの追悼上映と平沢トークイベントという目的をすっかり忘れさせてくれるぐらい満足させてもらってきた。たいへん充実の連休となりました。感謝すぎ。


|

2010年10月 4日 (月)

トリックorトリート

トップページをリニューアルした。
とは大袈裟かもしれないので正確には、間違い探し程度の細部変更をしたと。
もっと大きく変えるつもりだったけど回り回って結局これに落ちついた。

ただ画面に動的なものがあるというのはそれだけでなんかイイ。
 
いちおプロフィール画像はハロウィンにちなんだ単なる限定悪ふざけ。
マヌケっぽさを狙ったつもりが、ただでさえブラックな画面に余計怪しさだけを足してしまった。
 
とこう言い訳がましく説明しておくことでその怪しさを若干和らげようとする魂胆である。
さて、お菓子とイタズラどっちがお好きカ。
 
Guru10_halloween2

|

2010年10月 1日 (金)

古きモノ新しきモノ 完

以前「古きモノ新しきモノ」というシリーズを3部に渡ってかいたりしたが、そろそろオチを言っておかねば。
3部に渡って連ねた駄文は要約して「オークションのための準備を面倒ながらこなした末の報酬のほどやいかに?」である。
 
単刀直入に言うと、こう。
実は「出品しなかった」である。
 
そもそも古きモノを処分するためにそれら物品をオークションにかけて転売するなどという卑劣、いや効率的かつ一挙両得な利口手段をとるに至った理由とは、引越しを控えたmattsunがコレを機会に部屋を片そうという妙案からであった。
 
引越し間際にはドタバタに追われてたようで己のことで精一杯という感じは見てとれた。
現在彼はすでに無事トンズラを終えている。
残されたのは一緒に出品しようと勇んで押し入れからパンドラを引っ張り出してはキャメラ撮影までほぼ終了させていた自分の数々のガラクタの有象と無象と右往と左往である。
おかげでそれらの大半は激安買い取りショップへ文字通り捨てることとなり、二束三文すらにも満たない小銭を受け取るハメとなった次第である。
これがオチ。
 
ただ、その甲斐もあって幾分部屋は片付いたので気分爽快である。
今後ますます新しきモノへの審査は厳しくなると思う。
節約といえばそうともとれるが、こういうムダはのちに面倒になるという教えである。

|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »