« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月22日 (水)

イタい人

よく「イタい人」と言うが、どんな人のことを指して言うのか。
見ていて思わずこっちが恥ずかしくなるような行動をしてしまう人のことを罵倒あるいは侮辱するような言葉であると理解している。あるいは差別用語である。
 
ただその罵倒の強度は通称「イタ車」と呼ばれる車がすでに世間に浸透しているように、もはや一般化されているところからみて軽度な印象との見方もある。
そもそも「イタい」という表現自体ジョーダンめいているからうかつに使ってしまいがちなのだ。
  
以前、なるほどと思わされた件があったので例にとってみる。
「映画のタイトルを間違えて言う」は、「イタい」ことになるだろうか。
 
通常は「イタい」に含まれないのではないかと思う。
誰にだって言い間違いはあるし、ついうっかりということもあるからだ。
ましてや、たかだか映画のタイトルを間違えただけ。
 
では「映画のタイトルを間違えて言う」から→「イタい」という言葉に結びつくにはどんなアルゴリズムが成り立つのだろう。
 
「 映画のタイトルを間違えて言う + ◯◯◯◯ = イタい人 」という計算式である。
この◯◯が埋まる瞬間、人は頭の中で「こいつはイタい」と思ってしまうらしい。
 
自分ならこの状況下、どんな場面ならば相手を「イタい」と思うことが出来るのだろうと考えてみる。
あくまで自分の見解だが、◯◯の答えは例えば「さも自分はわかってますけど?風な言い方をしていた場合」なんかがあてはまる。本人にその意志はなくても。
散々その内容について偉そうにしゃべくりまくってたあげく、そいつのそれが間違った理解だったとあらばどうだろう、見ていて思わずこっちが恥ずかしくなる。
ゆえに「イタい人」と結びつけることが可能ではないだろうか。
 
ところがこれには「こいつはイタい」と思う側の人間がはなから相手に対して上から目線だったり疑心の性根がないかぎりいきなり「イタい」には結びつくことはないのではないか。
 
では「映画のタイトルを間違えて言った」側についても取り上げてみる。
例えば、TVで女子アナウンサーが「映画のタイトルを間違えて言う」した場合、人によっては「か、かわいい♥」となるかも知れない。またある人はイタいと思うより先に「言い間違いやがって!」と憤慨するかも知れない。TVということで「あとで訂正するのかな?」と疑問を浮かべるものもいるだろう。
何故そうなるかは言わずもがなである。
要は思われる側と思う側の関係性が関連しているのだと思う。
 
イタいと思われた瞬間、そこに少なからず罵倒や侮辱や差別が存在する。
そう思われたくなければ、映画のタイトルを言うだけにしても過敏に神経を使うことになる。
また「偉そうに」と相手に捉えられないよう、発言には繊細な工夫も必要になってくるだろう。
それらは人を「イタい」と思う人たちのためにするわけで、ひいては己のためである。
 
そうして周囲の目をうかがい何もできなくなってしまうタイプが、もっとも自分に近い。
それこそ「イタい人」と呼ぶに相応しいのだと学び、なるほどと思わされた次第である。
 
 
人それぞれ個性があって当然であるし、じゃあ「イタい」と思われることがそんなにヤなのかよと問われればそれもまた違うのではないだろうか。
これを「どーでもいいし」で片付けられる人は人を「イタい」と思うことがない人なのだろう。
 
さて、すでに承知のことと思うがこうして「イタい人」というタイトルで「イタい人とは」を考察し、さもわかってます風に口説いているまさに今の自分自身が「イタい人」であるということで一応のSFショートショート的なオチをみせる。
 
思われぬが仏か。思わぬが仏か。
疲れるな。アイタタ、どんどんどん。

|

2010年9月21日 (火)

テニスをしに出かけたよ

月曜。
みんなとソフトテニスをしに出かけたよ。
"スポーツの秋"とはよく言ったものだが、かくゆう自分はこの秋からは縁遠いのな。
そういう誘いはあえて受けてみる。
いくらドヘティーな自分が参加したって"イベント"として愉しければそれでいい。

9046BC3D-340F-461D-85F0-CFDDF7203B37

さて、メンバーはkitamura、sakagami、hori-chaと4人では初という異例な取り合わせだった。

テニス自体はいちお全員が経験者で自分も中学時代テニス部を専行していたわけだが「ほんとうにそれでテニス部だったの?」って思われても仕方がないほど、無様で惨めで憐れな醜態を始終晒しっぱなしの2時間だった。
なにがツライかって愉しい自分を尻目にそんなことを思われていたんだっていう事実である 泣。
あげく「あんな感じでホントに部活ちゃんとやってなかったんだね」とある種感心すらされたぞ。なかなか言ってくれる。

まぁ事実そうだったのかもしれないし、そこでいくら言い返したってなんら説得力はないしな。
しかもこの場合は説得力の問題ではなく、反論すること自体憐れだ 笑。

ともかく、イベントとして"テニス"は愉しいものだった。
手を真黒黒助にし、スポーツに汗をかく。
球(たま)にはいいじゃないか。

|

2010年9月19日 (日)

クレープ談義

クレープは割とスキな方である。

それは、大スキというほどはスキではなく、スキだと言えるほど食べてないくらいのスキなので、言い換えればフツウということになるかもしれない程度のスキである。

たまに食べたくなる。これが正しかろう。

そういえば昔はよく食べてた気がする。
少年のころ浜松へ出かけるたびにともだちらと食べていたな。女子みたい。
今のように生地の許容を凌駕するような豪華絢爛なカオスものではなく、材料さえあれば家でも簡単に作れてしまうんではないかという程度の曰くオーソドックスなクレープ。
さらに昔にさかのぼれば、当時地元デパートの地下に設置された白鳥を象った無言のオブジェが浮かんだカラフルを発光させる薄暗い噴水の向かいにあった小さなクレープ屋さんとか。
よく行っていた。

今はもう無いとこばかりだ。

最近、なぜか無性に食べてみたくなった瞬間つうのが到来したので、欲求を成就させるべくいろいろと捜してみたのである。

クレープってぶっちゃけ高くないですか?
急に質問文になってしまったが、たかがバナナとチョコとホイップだろうになにゆえそれが400〜500円もしやがるのかという憤怒をもって聞いている。

どこも大体そんな相場なんだなこれが。
大きさとか量とか豪華さとかさぁ、求めてないんだよクレープに、男子は(見た目は大事だけど)。
そんな風に感じてきてからクレープ自体食べなくなってきたんだな。
そんなことでスーパーの「まるごとバナナ」で代用してたこともあるけど、でも食べたいじゃないクレープ。

で、見つけてしまいしました。

隣町に位置する「ホブソンズ」。
詳しくはわからないが、日に二度ほどタイムセールがあるのである。
昼間に行ったときは200円くらい。
夕方に行ったときはたしか250円くらいになってた。「でかした」である。

実は前回の生地、あいや、記事で少し触れたけど、そのときこの驚愕(とは大袈裟)な事実に驚きながら商品写真に指差して「じゃあこのアーモンドチップ乗ってるの1つとぉー」って注文したらおじさんが「いやぁほんとはそれ+30円なんですけどねー、今回はサービス」って、ナイスおじさん超いい人で感動したのである。

チョコも若干多めな気さえしたものである。
気分もお腹も満足したので、後日もまた足を運んだ次第である。

ただ一つ、クレープって結局とちゅうで気持ちぁりくなるんだよね。そらぁあんだけ生クリームくわされたら気持ちぁりくもなる。男子は。
それに、重力に逆らえない内容物が下から日の目を浴びる前に食べにゃならんから急ぐでしょ、余計に気持ちぁりくなっちまう。

だ か ら それ込みで400円とかしちゃうのって高くないですか?

ということで私はココです。


|

2010年9月15日 (水)

要約すると、こう

キカガクの道からサワディークラップ!

最近、こっちの方がちっともでR。
取り立てて話題がないといえばそれまでだが、以前は「記録」として小さなことでも記事にしていたはずに。
ソレは今はMIRUNA Tweetsに任せているので、なんかもう記録した気になってしまう。
それにわざわざ文章に起こして書き留める気力がもはやね。

と、コレはいかんと。まぁいかんくないけど。
グウ&タラ法師のダブル色即是空にゃ亀甲のシールドで一時防ぎ、ムリクリこうして文でも打ってみたりする。と言っててバカバカしい。
とはいえ、大した事柄などない過去の行為を引っ張り出しておいそれと一記事に仕上げるのは野暮の様相を呈しちまうわけ。
ここは思いつくところの抜粋列挙でお茶を濁してみせておくけどちっともつまらん駄文となることウケアイでR。

先日、自室にむかし使ってたデスクとチェアを導入しました。
先日、久しいkato-sunが来ました。iPadを見せびらかしてみました。
先日、マクドナルにiPadを持って行きwi-fiの登録と設定をしてみました。これで家以外でもiPadでネットが可能です。
先日、久しいkitamuraが来ました。翌日の夕方にも来てsakagamiも来ました。ゲームセンターでタダで二回もポップンミュージックができました。
先日、クレープを食べに行きました。アーモンドチップをサービスしていただきました。

そらみたことか。
オチのない絵本のごとしだ。
なにより「なう」の熱が冷めきっちまってる感丸だしにございましてからに。
解凍するにはレンジでチンとはいかんわけです。

つづく。


何がヤかって、こんな記事にもいちいちタイトルをつけんとならんということです。

|

2010年9月 7日 (火)

矢を射らず骨を射る

前々からやってみたいと思ってたが弓道。
体験できた。

可美公園総合センターはその日、何やらフェスティバル的な賑わいを見せていたが、少し隔離された所に位置する弓道場はそんな賑わいを感じさせない静寂の中にあった。

255272DD-5284-4F3B-81EA-B94B2BC9C3B6

我々は前日わざわざ購入しておいたオフホワイトの靴下を履いていた。白い靴下を履いてくるというのが規定だったからだ。
そういえば、自分は白い靴下を一足ももっていなかった。
だから何年ぶりに履いたその白い靴下は余計に白く見えた。

武道とは作法を重んじる。
矢を放つまでの一連の所作、「禅」の境地がここにある。
勝ち負けのスポーツとは違う。自己の精神と向き合う道。
その神秘性に身震いさえしてしまう。

というか前に借りて読んだ書籍に影響されて、そんなイメージなのである。

はじめに様々説明を受け、次に先生方の「演舞」というのをご披露していただいた。
これがカッコいい。

それに見習い、また個別指導の元にうまくローテーションを組み、自分も何本か矢を放つことができた。

両腕別々の筋力を用いるため思っていた以上にむずかしい。
練習用のデッカい的なのだが、結局一度も当たらなかったのは無念だ。

けど良い体験ができて満足である。
その後、そのフェスティバル的賑わいにはちょっとだけ顔を出した。
こうして午前が過ぎた。

|

2010年9月 3日 (金)

IN 軽井沢

ブログ再開。
 
この件に関しては少しチラつかせてたが、だいぶ前のことになる。
軽井沢に行ってきた。
 
Siraito
  
8月16日から17日。
豊かな自然、滝、おいしい空気、オサレなメインストリート。
ハルニレテラス、ベーカリー、石の教会、美術館。。
夏の避暑地はどれもこれもがステキでした。
 
想い出をズラズラと書き綴るのも悪くないが、諸々事情でどうも力が入らない。
そこで香川のときと同様、スライドムービーにしてお茶を濁させていただく。
 
ところが今回撮り貯めた写真にはそのほとんどに我々が混在しており、とても「公開」できる代物じゃない、と。
数少ない「ソレ以外」を寄せ集めたため、肝心なところが実は収録されていないという残念なムービーではあるが、雰囲気だけでもこれで振り返ってみたい。
 
▶ in karuizawa / youtube

|

2010年9月 2日 (木)

ありがとうございました。

先日、もっとも尊敬し、信頼していた今敏監督が亡くなられました。
突然のことでここ数日は精神的整理がつかずにおりました。
落ち着いてから記事に書くつもりでしたが、もちろんいまだに現実を受け止められないでいます。
 
重大な出会いから早数年。
これまでの作品や監督から受けた多大な影響は自分の血肉であり財産です。
 
夢みる機械の制作半ばでこのようなことになってしまったのは無念でなりませんが、一番悔やんでいるのは監督ご自身でしょう。
 
心より、ご冥福をお祈りします。
本当にありがとうございました。
 
 
主な監督作品:
PERFECT BLUE(1997年)
千年女優(2001年)
東京ゴッドファーザーズ(2003年)
妄想代理人(2004年)
パプリカ(2006年)
オハヨウ(2007年)

|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »