« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月24日 (火)

ついでにモドキ話

新たにバッタとコオロギが追加された。


http://www.ikimono-map.jp/library/


長く反った形のバッタ「ショウリョウバッタ」はよくみうける。
ショウリョウとは「精霊」と書き、精霊流しの精霊舟に似ていることからついた名とのこと。
よく似た種に、「ショウリョウバッタモドキ」というバッタもいる。
これは明らかに先にショウリョウバッタがいたから名付けられたのだろう。
外見が似ている。だからモドキ。
もしショウリョウバッタモドキが先にショウリョウバッタと名付けられていれば、今のショウリョウバッタがショウリョウバッタモドキになっていたはずだ。
ただ似ているってだけで、「モドキ」ですまされてしまうという哀しさ。

実は昆虫の中では「モドキ」とつけられる種は多いっぽい。
◯◯モドキ科ってのがあるぐらいだ。
他に「カマキリモドキ」ってのもいるのだが、これは調べてみたら解るが、普通にイメージできるカマキリとは明らかに外見が異なるんである。
ショウリョウバッタモドキの場合と違って、こいつは似てないのにモドキだ。

上半身はカマキリっぽく、下半身はカゲロウの如し。それがカマキリモドキ。
あんまりだろ。
自分なら違う名をつける。
「カマキノゲロウ」、とか。ちょっとカッコ良いだろ。
まぁ、真ん中のノってなんだ、って話だが。
モドキでなくても、「ニセカマキリ」の方がカッコがつく。

おっと、ついモドキ話に花が咲いてしまった。
え?昆虫ですか?

はい。苦手です。

ええ。あ、はい。
気持ち悪いって思うときもあります。

けど生き物なんですね。
少ーし彼らの視点に立ってみると、彼らには彼らの生活があるんです。
当たり前ですけど。

|

情景作品展

今月末まで、浜松のザザシティで「山田卓司情景作品展」が開催中。
前に浜松市美術館で行われた個展に行きそびれたけど、今回生で山田卓司さんの箱庭をおがめた。
 
生、といえば運が良かったのか、ご本人もその場にいらして新作を造ってらっしゃった。
cheeが「TVチャンピオンみてました!」って話かけ、ご挨拶していた。
 
Yamadatakuji1
 
Yamadatakuji
 
写真ではわかりづらいけど、ホント細部までよく造り込まれてるんですよね。
いい展示でした。
 
 
余談:
ブログの時間軸が現在、実はバラバラである。
今回の内容と「梨の収穫」は同じ日で、正確には
「ベストキッド」→「軽井沢」→「梨」→「iPad購入」という順路である。
要は記事にしやすい順番を取っているということでお願いしたい。誰にだ。

|

2010年8月23日 (月)

「i」のつく事変2

実は来年早々あたりに新型のiPad(iPad mini ?)が登場するともウワサがあるが、諸々事情で早めに初代を手に入れることにした。
 
さてiPad。少し遅れて今回、iPad用の液晶保護シートと持ち運ぶ際に便利と思って注文しておいた保護ケースが届いたので合わせて記録しておく、っと。
 
Myipad
 
32GBのwi-fiモデル。
ところで前に作ったDVD用アクリルスタンドがこんなところで役にたつとは。嬉しい誤算。
専用のスタンドは買うと高いから、とりあえずこれで買わずに済んだ。
 
iPadなんてiPhoneが大っきくなっただけでしょ?
っていう意見はよく聞くし、最初は自分もそんな気でいた。
ところが、大っきいってだけでこれほどまでに快適にそして仕様用途の幅が広がるものなのか、と正直言って驚いている次第。
 
便利すぎて困る。っていうか愉しすぎ。
気持ちが浮わいちゃって困るという意味である。
 
一体何が良いのか。
王道プレゼンみたいにその魅力を列挙するならまずはその
「起動の速さ、俊敏性」。これがもうありがたすぎる、と。
 
何かネットを使って調べたいとき、人のブログをみたいとき、サッととりだしてすぐにネットを閲覧できる。閉じるときも同様。つけたりけしたり、TVをつけるより楽ちんでスムーズ。
これまでのようにネットをみるのにわざわざPCを起動して、という手間やストレスからはサヨナラ。
っていうね。
 
とまぁ、これぐらいなら別にiPhoneにも同じことが言えたわけだが、決定的な違いというのが先述した
「大っきいディスプレイ」と「美しすぎる画面」である。
iPhoneではなかなかどうして、やはり画面のサイズがネック。
対応していないサイトなどをみる場合には、一々拡大してちまちまとスクロールしていかなければならなかったがその点、その必要はない。なぜなら大っきくてキレイだからだ。
 
画面の美しさにはヨダレとかが出る。
(現在ではiPhone4の方がさらにキレイらしいと聞く...これでも充分すぎるのに、もはや想像すら出来ない)
これまでみてこなかった写真もビデオも不思議とコイツでみるとまた新鮮だし、愉しいもの。
おかげでこのディスプレイに合わせて持っているビデオやムービーは高画質用に転換するという作業が増えてしまった。
 
そして、持ち歩けるツールとして気になるところ
「電池の持ち」だが、フル充電で約10時間! とステキ長い。
いたれりつくせりであります。
 
ネット、ビデオ、写真、書籍、アプリ、ゲームなどを、ソファや寝床で寝っ転がってやるのにもうってつけ。
なにも寝っ転がってやる必要はないが、特定の場所に縛られることのないこの自由度はありがたい限りである。
 
今後アップデートによるマルチタスク機能なんかが追加されたりしたらより使い勝手がよくなることウケアイ。
どう機能を活かしてみようか現在ワクワク模索中である。
 
Moshi
 
ついでに今回入手した保護ケース。
moshiというメーカーのmuseというもの。生地にマイクロファイバーが仕様されている。
若干ゆったりサイズに設計されており、収納もスムーズながら小物収納も可能。

|

2010年8月22日 (日)

梨の収穫

実はiPadを手に入れた。自分も。
このことについてはまた後日追ってレポートするとして。
かれこれあれこれと無邪気に玩んでいる最中だが、楽しみついでと練習を兼ねて今回はコイツでブログの更新でもしてみようかと思った次第。
 
先日、とあるプロジェクトの一環として「梨の収穫」にオジャマし、体験させてもらってきた。
各関係者はそれぞれ家族連れで来ており子どもたちが多く賑やかでした。
 
太陽がサンサンと照りつける中、樹木の下は幾分涼しく感じられるかと思っていたら大間違い。
蒸し暑さに加え収穫用だからなのか梨の木は案外低く、子どもたちには絶好でしたが大人はその分「中腰」を余儀なくされ、その体勢だけで体力を奪われてしまって次第に汗もしたたるいい男と化してしまったわけです。

Nashi

時折、ボフッ!!って空気砲が発射されるんです。
梨を食べに来るいたずらハクビシンを追っ払うためのものらしいんですが、いちいちそれに反応してビックリしてしまうのはハクビシンではなくて我々ニンゲンでしたね。

ちなみにまんまとハクビシンの被害にあった梨の実を見せてもらったんですが、ハクビシンって梨の芯と皮をきちんと残して食べるんですね。グルメというか器用というか、何とも余計に憎らしいですね。
 
収穫した梨はたべずに持ちかえることになったわけですが、代わりに冷えた梨をその場でご用意していただきまして、みんなまるかじりしてましたね。程好く甘くてジューシーです。
梨まるかじりは今後梨の食べ方を変えるかもしれないほど美味しく感じられました。 

Nashi2
 
持ち帰った梨たちは、今後冷やされ、日ごと丸かじりされてゆくことでしょう。
ズバリそうでしょう。

っていうかそうでした。すでにいくつか食べました。

|

2010年8月19日 (木)

ベストキッド、そして

この日、TOHOデー(14日)であるのと同時に、兼ねてから予定していた映画「ベストキッド」の上映開始日だった。

だからつまり8月14日。
 
ジャッキーあるいはジェット関連の映画を観に行った、と言えばそれはおそらく十中八九の割合でhori-chaと観に行ったのだな、と考えられるだろう。ただ回を重ねるごとにお互い、スケジュールだのお立場だのの都合によって難儀になりつつあり、近年では多少荒っぽい方法でそれを可能にせざるを得なくなってきている。
しかも今回「ベストキッド」は、地元ららぽーとでは上映されず、ザザのみでの上映ということでそれが一番のネックであった。
 
今回は2人で行った。
そもそも、1人 > 2人 > 3人 > 4人・・・と人数がかさむごと「計画」というのは達成しにくくなるのな。
今回の場合では、TOHOデーが上映開始日という偶然性に焦点を絞り、何がなんでもの14日に。
そしてその日お互いが鑑賞出来る時間帯の何がなんでもの 21:15 の上映を「ベストキッド」共有鑑賞のゴールデンタイムとした。
 
浜松へは電車を使うことにした。
早いからか、何気なくそれを選択したのだ。
ただそこには乗用車を使った場合の燃料費、ザザゆえにかかってくる駐車料金、またせっかくTOHOデー割引が効くというのに無駄な経費は極力避けていきたいじゃないか、といったケチな下心もあったのかもしれない。
 
これがのちに裏目に出ることになるが、この時はまだ知らない。
 
19時ちょっと過ぎ頃に浜松にinし、早々ザザにチケットで席の予約をしにいった運び。
今でこそVitと呼ばれる便利なネット予約があるというのにずいぶんとアナロギーな方法をとる。
こればかりはずっと変わらない。
その後、間食程度の夕飯はすばやく済まされ、足早またザザへとUターンだ。
4、50分ほど時間を持て余した。
 
わりとスローペースな自分とは対照的に彼はハイペースである。
せかせかと急がしそうに、そしてよく飲み、よく食べる。
そんなとき、自分なんかは彼を要約してこう思ってしまう。
男気あふれてんなぁ。と。
 
さあさ、
そしてリメイク版「ベストキッド」の出来に興奮、感動。
アメリカから中国、空手からカンフーという舞台変動はあるものの、元々のそれを割と中実になぞっていながら、展開運びはバツグンにアップグレードされていた。引き込まれた。
ウィルスミスJR.を支えるジャッキーの存在が大きい。
ラストではカンフーの大会に出場するわけだが、何といっても映画館ならではの臨場感が愉しめたのがイイ。
観客席に我々はいたね。
満足し、納得してエンディングをむかえた。
 
ふと時計を見やれば、終電時間を越えていた。
え?あ、ん、そうだ、終電時間を越えていたんだ、これが。
 
しまった。ケチな下心が裏目に出たな、と。
いくら余裕を重んじても上映時間ばかりはどうすることも出来ず、思いのほか尺が長かったということ。
もちろん想定外だったわけじゃない。けど何となく、大丈夫だろうと思ってた。
どうしよう、と考えるよりほかに「歩いて帰る」しか無さそうだったので、まーそうすることにした。
でもそんなノリだった。そして案外冷静だった。
  
一日の終わりに、浜松〜磐田間をまさか歩いて帰ることになろうとは。
ただ純粋に映画を観に来ただけだったのに。
けどそんなことしたこと無かったし、第一ガラじゃない。
わざわざやろうとは思わないので、実はちょっと面白そうだった。
 
我々は映画の「余韻」としては充分すぎるほどの時間をかけ噛み締めつつ、ジメっと暑い夏の夜道をただひたすらに一つのゴールを目指して歩いていった。
 
今回彼がしきりに嘆いていた言葉といえば「腹へったぁ、何でもいいから食わせろ」だった。
あ、尾ひれをつけてしまった。そんなとき自分なんかは彼を要約してこう思うのだ。
男気あふれてんなぁ。と。
 
さて、その時の状況はお互いつぶやいていた通りなので割愛。
結局、見えないゴールテープを切ったのは朝の4時前。4時間くらい歩いてたのな。
そら、足棒。
じめついた汗が全身に纏わりついて気持ちがよいものではなかったが、妙な達成感だけがあった。
 
それはそうと「ベストキッド」が満足で本当に良かった。
それがダメだったらただの踏んだり蹴ったりだものね。
 
おかげで想い出深いものとなったのだ。
 
 
追伸:
ただ、距離にしては約13.5〜14kmか。
マラソンなんかは42.195kmだものね、しかも走ってで。
そらムリだ、と思うベストキッドな私である。

|

2010年8月12日 (木)

「i」のつく事変その後

そうこうしているうちに、母のiPadが本日届いた。
 
Ipad1
 
Ipad2
 
事前に「すぐに使える状態」にしておいて良かった。
家で見るソレは、店で見たソレより若干大きく感じ、またディスプレイの美麗ぷりがより際立っていた。
身近でこう魅せられると、あー、やっぱりいいなぁ、と。
 
現在母は初めて観るYouTubeでお笑い動画を次々、むさぼるように観ている。
 
あ、今は We Are The World の動画観てる。

|

2010年8月 5日 (木)

借りエッティ

せっかくなのでファーストデーの恩恵を。
かねてから決めていた「借りぐらしのアリエッティ」を観に行った。
ということでつまり、これは4日前の日曜日。
 
この日ランチは毎度おいしいカッペリーニ。
 
Pasta
 
Kare
 
さて、せっかく浜北に来ていたので「借りエッティ」をサンストリートで観ようと目論んでたけど、駐車場はスーパー混雑。大型ファミリーカーを見晴らすオーシャンビュー。
低燃費軽自動車が入る隙間すらも無かった。
ということでUターン。
でもせっかく浜松にいたので久々にザザ鑑賞へとシャレ込むことにした。
 
関係ないけど、途中「事務キチ」という文具スーパーに立ち寄った。
存在もしらなかったけど店内広々、事務的用品がズラリと並んでおり、ソンジョソコラのMr.なんちゃらより品揃えがまるで群を抜いていて、ちょいワクワクしてしまった。
ファイルとかもこんなに並んでるの見た事無い、ってなった。
せっかくだったので滅多に並ばないクラフト紙の印刷紙50枚を購入し、その場をあとにした。
 
さて、せっかくせっかくとかまびすしいが、17:10分上映の10分前にたどり着いてチケット購入。まだわりと混んでた。当然ファーストデーというのもあるだろうけど。
 
携帯の電源はオフに 館内禁煙ー 上映中はお静かに
どんなに足が長くっても 前のヒトは蹴らなーーい の例のごとくがあって、
そして「借りエッティ」。もったいぶらずに早く言いたいところだが、
 
特にありません。と 笑。
いやしくも5段階評価をつけるとしたら3なのかな、と。
悪くないし、別にそのまぁ良かったのかも、という。 
 
良かった点をあげると、アリエッティが小人なので視点が小人目線になる。
小人から見た人間界はとてつもなく巨大であり、人間界の小さな生活音だって強調されて耳に入るし、または感じられる。
つまり我々観客は小人になったような疑似体験ができる。それを表現しようとしていて愉しかった。
だから映画館で観ることがより愉しく観れる条件にもなっている。
あと随所に出てくる昆虫の動きとかが愛くるしくて好感触。
 
ケルトの音楽はとても心地良くて癒し。ただ舞台が結局日本なので不釣合い。
アイテムの大きさの対比の違和感など、細かい点を上げればキリがないけど全体的に盛り上がりに欠け、これから何が起こるのかなって思ってたら終わっちゃった。
 
 
余談。
そういえば久々にビックカメラに立ち寄った。
触れられるiPadが何台もあるんじゃないか。さすが。
母のiPadはここで買えば早かったな。と思った。

|

2010年8月 3日 (火)

バゴンボの嗅ぎタバコ入れ

さて、と。
中古で小説を注文した。
わりと前のことだから、現在はすでにもう手元にある。
 
「バゴンボの嗅ぎタバコ入れ/カート・ヴォネガット」短編集。
自分にとって、ヴォネガット作品では初の短編。
 
"一部品質に不良が見つかったため代金無償"とのことで、なんとタダで手に入ってしまった。
超・ラッキーである。
 
ちなみに、その品質の一部の不良は未だに発見できずにいる。
そのぐらい「気にならない」不良らしい。
 
今後ぼつぼつ読み進めていくことにする。
 
 

バゴンボの嗅ぎタバコ入れBookバゴンボの嗅ぎタバコ入れ


著者:カート ヴォネガット

販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

耳の事実は穴ボコへ

王様の耳はロバの耳ーー
王様の耳はロバの耳ーー
 
お気づきか。 
ここは、穴じゃないので。
 
 
狼が来たぞーー
狼が来たぞーー
 
で、それホントなの?
 
 
ファルシフィケーション
ファルシフィケーション
 
やがてディー・フェアヴァンドルングへ。
 
あるのはただのメモ用紙。
513枚目。

|

2010年8月 2日 (月)

最近の鑑賞記録 1008

記録は頻繁にしていくつもりだったけど最近は鑑賞自体が少なくなってきているのでご無沙汰に。
記録記事に足り得る程度の本数がストックされたんで久々に解禁した次第。
っていうか自分でいうのもナニだけど、まめ。 
 
前にもかいてるけど「聞いた風なスカした映画論語」にならないよう注意。
あと、読んでもつまらないので。
 
■ベスト・キッド
近々ジャッキーチェンとウィルスミスの息子主演で公開されるリメイクに合わせ、改めて観直しておこうという思惑だった。シリーズの第1作目。ミヤギさんによる「ワックスを塗り、ワックスを拭き取る」という訓練法が独特の味を醸す。
名シーン。アメリカンカルチャー満載の青春空手映画とでもいおう。なつかしく観た。
 
ベスト・キッド [Blu-ray]
 
■ベスト・キッド 2~4
実は同時に全シリーズを借りて観たのでこのあと3、4と続くのもナニなのでまとめて。
2はオキナワが舞台でミヤギさんにまつわる歴史や因縁の対峙が描かれている。いつの間にかダニエルさんは「付き添い」役みたいになってるじゃないか、と。番外のように思えばアリなのかもしれないと思うが、1の印象は薄く前作のキャストが登場しなかったりと首尾一貫に欠ける印象。唯一前作とを繋ぐ冒頭のシーンは前作のカットされたラストシーンを使ったみたいだし。
その点、3は1の流れを組んでおり見応えが増していた。ただダニエルさんが超バカ。
ヒロイン役はまた変更。ダニエルさんはモテる。
 
ベスト・キッド2 [Blu-ray]
 
ベスト・キッド3 最後の挑戦 [DVD]
 
で4は、もうダニエルさんは登場しない。
代わりに反抗的な女子高生が弟子になるといった設定。ミヤギさんは彼女を禅僧の寺院で修行させ次第に更正もさせてゆく、と。
ただ僧侶が夜な夜な突然ダンスを始めたりとまー突拍子ない。他にも色々。
それがバツグンに面白いが、何よりミヤギさんのキャラのブレ。4はまるで別人だ。
オトボケを通り越してただの酔っぱらいみたいな言い回しになっているので、是非日本語吹替版で確認していただきたい。
 
ベスト・キッド4 [DVD]
 
■ドラムライン
mattsunが推薦していたので。
マーチングバンドの演奏やパフォーマンスを競い合う。スポコン映画のような印象。
天才的な腕をもつ主人公が自信過剰すぎて、チームワークを重んじるマーチングチームに乱れが起こる、と。
何より演奏シーンがいっぱい出てくるけど、圧巻。面白く観た。
 
ドラムライン [DVD]
 
■ブラザーズグリム
テリーギリアム監督を信じて観たという向きがあるが、はっきり言って微妙。
グリムと聞き、童話をホラー的に映像化したのかなとおもいきや全然違った。
ファンタジックアドベンチャラス茶番ズパロディ。ジャンルにすると。
 
ブラザーズ・グリム [DVD]
 
■インソムニア
インセプションを観てから、ノーラン監督に夢中。
ノーラン作品をありったけ借りてきて観た。で最初がコチラ。
インソムニア=不眠症というタイトルで、すでに興味ね。
実は思わぬ偶然だけどベストキッド4で主演を演じたヒラリースワンクも共演していて。
犯人を追跡中、霧の中で誤って同僚を撃ってしまった罪悪感から不眠症に陥るベテラン刑事アルパチーノ。
細かいことは抜きにして、ストーリーや展開やオチ。魅力的。
 
インソムニア コレクターズ エディション/アル・パチーノアル・パチーノ
 
■プレステージ
コチラもノーラン作品で。互いに競い合う2人のマジシャンを描いたサスペンスで。
マジックの段階を示す用語プレッジ(確認)→ターン(展開)→そして、プレステージ(偉業)がタイトル。
ですでに興味ね。
まさにマジックのような映画だったと言ったら月並みだけど、この3つの段階をうまく取り入れ、オチはプレステージで締めくくられる、と。巧妙。
作中の要として、ヒラサワライブではお馴染みのテスラコイルが登場する。
 
スマイルBEST プレステージ スタンダード・エディション [DVD]
 
■メメント
そしてノーランの名を一躍有名にさせたというコチラ。どれもこれも初見でワクワクする。
ちなみにメメントは=記憶。または=想い出の品、ラテン語で=「忘れるな」みたいな意味深ぷりにもう興味ね。
ある事件をきっかけに記憶が10分しか保てない、新しい情報を覚えても10分後には忘れてしまうという主人公が犯人探しをしていくというストーリーだけど、これが「時系列を逆順に映し出す」という斬新な編集で進んでゆく。
このことが当時話題の的となったようだが、つまりストーリーの冒頭シーンが物語の結末であり、それがどんどん溯って行き事件が明らかになっていくといった具合。まったく一筋縄じゃいかないトリッキーな演出に骨抜きだ。
 
コチラ、DVDの特典によりなんと時系列を正しく組み替えたバージョンが収録されていて、実はそれも観た。
観ずにはいられなくって2巡目。そもそもこの斬新な編集が面白いだけなのじゃないのか、と。ただ普通にストーリーを追ったらつまんなくなるんじゃないのか、と。うたがってかかったら、そうじゃなかった。全然正攻法でも面白いじゃないか、と。
だからまた改め、すべて踏まえた上で第3巡目が観れる。このような映画はわりと少ない。
ちなみに、マトリックスのトリニティーが共演していた。
 
メメント [DVD]
 
■十二人の怒れる男
1957年のモノクロ映画。とある事件の裁判で、陪審員たちが評決に至るまでの議論、推理を描くシチュエーションドラマ。
部屋の一室からカメラが出ないイワユル舞台劇のようなシチュエーションドラマというのが最近のツボ。
以前、と言ってもだいぶ前に三谷幸喜作「12人の優しい日本人」を観て絶賛したが、その元になったのがコチラ。
最近でもロシアでこのリメイクが作られたみたいなので、そちらもチェックしておきたいかも。
 
十二人の怒れる男 [DVD]
 
■トイ・ストーリー2
これは最近3を観たからという理由で、ロードショーでやったのを観た。実は初見だった。
3を観てから観る目が変わった、というか。やっぱり面白い。
ただ2は、少々ぶっとび過ぎ。人間界に影響を及ぼし過ぎていて人形だけの話としてはもはや無くなってしまっている。
だって終盤、普通に乗用車を運転しちゃったりするんだもの。
また、エンドロールにはNGシーンが。
CGアニメなのにNGシーン?というユーモアがあるんだけど、ただつまり人形たちは「演技している」という見方になってしまい、3の感動が薄れるといった懸念もないわけじゃない。
ある意味、3のあとに2を観て正解だったと言える。
ただしそのNGシーンのことでフォローするなら、かわいそうな結末を迎えた人形たちも、まぁ演技なら、という納得の仕方でHappy ENDにしておけば報われるのかな、と。
 
トイ・ストーリー2 ブルーレイ(本編DVD付) [Blu-ray]
 
他に、ロードショーか何かで■ディパーテッドを観たっけ。
インファナルアフェアのリメイクね。デカプリオとマットデーモン。あとジャックニコルソン!
出てるって知らなかったー。面白くみたけど少々謎が残る箇所も。
じゃ、次回。
 
ディパーテッド [Blu-ray]

|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »