« インセプション | トップページ | 「i」のつく事変 »

2010年7月24日 (土)

ap bank fes'10

7月17,18,19日と「ap bank fes'10」がつま恋にて開催されいた。
mattsunたちに誘われて最終日の19日、そこにピクニックがてらに出かけた次第。
 
この日は、光の重さすら気にかかるほどの炎天下。
物凄い日差しだったが、UVケアはきちんとした。
 
「ap bank」を知ったかぶると、音楽プロデューサーの小林武史さんと、ミスチルの櫻井さん、そいで坂本龍一さんが設立した「環境プロジェクトに融資を行う非営利組織」のこと。
その活動の中に今回のようなフェスがある、と。
メインはライブだが、ここで面白いのが、環境にやさしい食べものや商品の販売、自然のなかで楽しめるワークショップなどが行われており、マイ箸、マイカトラリーを持参しましょうとの徹底ぶり。
 
で、我々はライブに参加するわけじゃなくって、このフェス(お祭り)広場でのピクニックが目的だったわけ。
 
ちなみにこの日は、久保田利伸さん、パフィ、Dragon Ash、そしてミスチルら他、多数のアーティストがライブを行い、我々は姿は見えなくともスピーカーから爆音で聴こえてくる「生歌」を、贅沢にもバックグラウンドミュージックにしながら、ビニール製シートを敷きその上に腰を降ろし荷物を広げパンやコーヒーを摘みながらトーク、と心地良く過ごした。
 
ちなみに、このパンやコーヒーはmattsunが事前に用意してきてくれていたものだ。
自分はワケがわからず軽装備で来ていたが、彼のはち切れんばかりのリュックサックは登山家もビックリだったに違いない。
 
Ap2
 
リズムを刻み出すヒトも多数。
yasutakaのはしゃぎぷりも印象的だった。
UNOをやったり、フリスビーをやったり。
  
Ap3
 
いよいよ日が落ち、会場でのライブが終わったのだろうか、そのタイミングで花火があがった。
今年初見。
 
Ap4
 
after partyには、My Little Loverのakkoさんのライブに参加できた。
全員参加可能。ステキだった。
 
さて丸一日をフェス会場にて過ごしたが、我々の手元には入場券としてついてくる1000円分のクーポンが残っていて、こいつを使わない手は無かったが、もう閉館も間近だった。
唯一、温泉や食事処に使えるということでその足でそこへ向かい、各々クーポンは使いきったが、問題はそのあと。
 
帰りのバスが無くなった。
 
我々は仕方なくここから駅まで歩いて戻ることにした。
1時間くらいかかったのだろうか、終電には間に合った。
フシギと苦になることはなかった。
夏の夜風を浴びながら、満腹の余韻に浸り、一日を振り返る。
打ってつけだった。

|

« インセプション | トップページ | 「i」のつく事変 »