« カレルゼマンと思わぬ土産 | トップページ | 錫杖の土産 »

2010年5月22日 (土)

ピクトさんの本

と、いうことで次。
 
そういえば最近、内海慶一氏による著書「ピクトさんの本」を購入した。
今回、同氏が「100均フリーダム」を書籍化するというのでコレは揃えて置かねばと思い購入に至った次第である。
 
ピクトさんとは、街のいたるところで我々に注意を促すために日々酷い目に遭遇している人型のピクトグラムのこと。書は彼らを可哀相としてその勇姿に敬意を表する形で弁じている。
語り句が絶品で思わず吹出してしまう。
 
↑と、このように商品の紹介を知らない人が語っているものとか目にすると、何ヤボ言ってんだかとか思う方なので、やはり自分でやってもヤボ言ってるなとか思う。
とは言っても本人には紹介の意志などほとんどなくて、記録としてのつもりなのかもしれないのだけどじゃあ何でそれを公表の"ブログ"を利用してそこに記すのかという矛盾を指摘し始めたら堂々にして巡り巡って結果恥ずかしい感じになる。
 
と、いうことでこれからは↓こうすることにした。
 

ピクトさんの本Bookピクトさんの本


著者:内海 慶一

販売元:ビー・エヌ・エヌ新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 
興味があったら、ここからリンクしてくれたら良いと。
そして、もしこのNoteによって購入意志が芽生えてくれたのであれば是非このリンクを通して活用していただきたい、と思う所存。
というかそんな危篤な人なんていないだろ普通、とも思う。
 
けどこれが、俗にいうアフィリエイトである。
こうすれば、紹介とは言わないこの記録に何がしかの意味が付加されるわけである。
今ごろ感に白い目必至。
 
最近このNoteに少々変化がおきている。

|

« カレルゼマンと思わぬ土産 | トップページ | 錫杖の土産 »