« UT×Tw×MIRUNA | トップページ | 20世紀の終りに »

2010年4月 9日 (金)

PSone

時代錯誤も甚だしい。
ここへ来て「PSone」を手に入れた。
 
Psone_2
 
プレイステーションの小型機である。
当時、2が出たばかりであるにも関わらず登場したこの「one」はその需要性が見込めず、影に潜んでしまっていたものである。現在、製造販売は終了している。
かくゆう自分も、この存在を見てみぬふりしていた内の一人である。

ところが、2001年にグッドデザイン賞を獲得するなど、そのコンパクトなデザイン性はとても優れている。
こんなにマジマジと見たのは実は初めてかもしれない。
みればみるほど、ホレボレさえしてきた。
 
急にコレに手を出した理由は、初代「ビートマニア」をヴィジュアル面から音楽のジャンル性を含めて確認したくなったためである。すっかり一線を退いて久しいが、過去を回顧する意味でもたいへん興味が出た。
アンチエイジングである。
 
ジャンク品だが、各種パーツそれぞれキレイなものを選りすぐった。
写真でも確認できるが、ほぼ新品同様の美しさである。いい買い物をした想いである。
 
しかも一式「1000弱円」で揃いましたから。なんてお買い得な。
 
というかさっそく可動させてみているが、すんごい愉しいわけ。
懐かしいからだろうけど。

|

« UT×Tw×MIRUNA | トップページ | 20世紀の終りに »