« 水をゆくひとつのパイク | トップページ | 無印の家とモバイル電池 »

2010年4月29日 (木)

にふぇーで~びる

mattsunが沖縄旅行から帰宅したということでお土産をいただけた。
 
アメリカが沖縄に基地をおく米軍基地へ足を踏み入れてきたとのことで、お土産の半分はそこで手に入れたという。貴重だ。
沖縄へ行ってメイドインUSAを土産としてくるあたりが彼らしい。
 
アロマキャンドル。各人それぞれのイメージに合った香りとカラーをチョイスしてきてくれたとのことで、沖縄語でいうところの"にふぇーで~びる"、サンクユーだ。
 
自分へは「ソフトコットンブランケット」の香りで、カラーはホワイト。
コットンの毛布の香り、ってところがアメリカぽい、というかハワイとかあっちの方ぽい。
 
ボクのイメージはコットンなのね。なるほどね。
わたっぽいもんね。自然の植物繊維というか。デリケートな肌にも最適なとことか。
やさしく包む感じよね。そうそう。夏涼しく冬暖かいあの感じね。
実際はまろやかな石鹸のような香り。
 
あと個人的には沖縄限定パイナップルアメが気に入っている。
ボンタンアメの姉妹品。パインエイジに相応しく、シャレが効いている。
 
話題は変わるが日は変わらない。
思えばこの日、mattsunが携帯をiPhoneに変えた。
 
昼にうどんを食べたその後「よし!わかった!今日変える!」みたいなことを突然言い出して即座に近隣のソフトバンキスをみて廻った。
数分前には「下半期頃に変えるかも」みたいな曖昧なイメージしかなかったというのに。
思い立ったら吉日にもほどがあるわい、などと思いながらそのイベントに同行した。
10年ほど連れ添ったというauをいとも簡単に裏切り、捨ててみせた。
 
さて乗り換え後の彼はメールアドレス変更に際する電報配信に無我夢中。
一方の自分はないがしろの刑を余儀なくされたことは言うまでもない。
ただ、周囲に"ただとも"仲間が増えていくことはこちらとしてはありがたいので良しか。

|

« 水をゆくひとつのパイク | トップページ | 無印の家とモバイル電池 »