« 幻想第四次へ 5 | トップページ | 2553 中日 »

2010年2月27日 (土)

夜会と考察の前夜

ドシャブリの夕方。
アノ面子での新年会に呼ばれていたので行ってきた。
一方そのころ恵比寿リキッドルームでは、PHONON 2553の初日が開幕だ。
気が気でない中、参加したのはやはり新年会とは名ばかりのアノ夜会「マンガ会」である。
明日までのつなぎにもってこいだ。なんて言ったら失礼だ。
 
さも当たり前のように「マンガ会」と言ってる自分もどうかと思うが、どんな表向きがあったからと言ってもコノ面子で討議することと言えばほぼ9割がマンガの類だ。だからそう呼ぶ。
前にNarcisseに借りていたマンガを返せる良いチャンスでもあったので持ってった。
そんなドシャブリ夕方だ。
 
今回は過去最小規模の人数となったがまあいい。
マンガは返却できた。
ところが新たに榎本氏のエッセイコミックを与えられたのでエンドレスだ。
とやや冷たい感じで書いているけど、それなりに愉しんでいる。
 
マンガと言えば、現在「Dr.スランプ」を探している。欲しい。
新装の完全版では無く、初期のもの。あるいは文庫。見かけたら一報を。
 
 
さて、濃い目の話もここまでとして、あるいは更に濃い目の話だ。
PHONON 2553の初日はすでに終了。明日2日目は我々が参加する手はずとなっている。
そんなドシャブリの前夜である。
 
初日の詳細を見ると、ENも合わせて20曲も披露している。
PHONONシリーズでは過去最多だ。
しかも点呼する惑星のアルバムが全曲網羅されていたことに驚く。
そしてお愉しみ、現在進行中の還元曲が3曲、ライヴアレンジ曲が2曲。
珍しいところで「力の唄」が披露されていた。
意外にも「夢見る機械」は今回は自粛らしい。
2日目はまた選曲も変わるはずである。
それを考察してたら夜があけちゃうので、もう寝る。
といいつつ、考察しながら眠りを待つ。
やや冷たい感じで書いているけど、それなりに愉しんでいる。
どうか遅刻しませんように。

|

« 幻想第四次へ 5 | トップページ | 2553 中日 »