« 飛べ 混沌の風を切り | トップページ | 思えば西武の朝またぎ »

2010年2月21日 (日)

坊のある部屋

今年に入っては初だろうか、kitamuraとyanagiyaが来訪した。
yanagiyaは一家総出でやって来た。
去年の10月、無事第一子を出産した奥様とその坊やを連れてきたのだ。
 
通例うどんセットで昼の腹を満たしたあとは、ららぽにある赤ちゃんホンポへと足を伸ばした。
kitamuraと「出産祝いとかやらないとね」なんて話していたら、夫妻が「じゃあヨダレ掛けなんかがいいかな」と。
通常なら「いいのにぃ、そんなー」「いやいや、祝わせておくれよ」「そ、そうかい?じゃあ...」なんて会話に発展すべきところだが、その辺はバッサリ編集されていた。
 
いちいち気にしていては先に進まないので、グルグルと店内を見てまわった。
普段は見慣れないアイテムたちが目に新しく、ちょっとワクワクした。
で「出産祝い」だが、我々では決めかねるので結局、夫妻たちに決めさせることにした。
というか、夫妻たちを目の前にして「じゃあコレね」と決めるのもナニだろうに。
 
で空気式の「バスチェア」になった。
お風呂でおすわりしたまま洗って流せるという代物で、人気商品らしかった。
 
さて、ウチに戻ってきた。
坊やはたたんだ布団をベッド代わりにチョコンとそこに収まっていた。
 
wiiマリオなどを経て、コチラからはNHK「タンポポ団に入ろう」のミュージックDVDまで流してみた。
果たして「地球ネコ」に坊やはナニを感じとっただろうか。

|

« 飛べ 混沌の風を切り | トップページ | 思えば西武の朝またぎ »