« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月30日 (土)

鑑賞記録と、その動機1

何をするにも動機というのが存在する。レンタル映画に関しても然り。
ヒトによっては話題性やその場の衝動性など、単的な動機で事に当たる者もいると思う。
自分はそういうことが出来ない種らしいので、今回は面白がってレンタル作品におけるその「動機の記録」も飾って添えてみることにした。が、別にちっとも面白くない。
 
 
■ミスティック・リバー
監督はクリント・イーストウッド。
以前、今監督の記事の中でイーストウッド作品が挙がっていたので、関連作を借りてみようと思った次第。
さらに言うと、最近深夜に観た「砂と霧の家」が印象的で、調べていくうちに「作品の後味が共通している」ということらしかったのでコチラをチョイスした。
良いものを観た。という感じ。
残るは現実の不条理さ。観終えたあと何とも言えず無言になる。
それぞれの登場人物たちがそれぞれの心中でパレードを見送る、そんなラストが印象的。
イーストウッド作品はもう一本借りているが、まだ鑑賞までに時間がかかりそうなのでフライングした。
 
ミスティック・リバー [Blu-ray]
 
■未来世紀ブラジル
監督はテリー・ギリアム。
コチラも今監督が前々からタイトルを挙げていた作品。
「現実と虚構の混交」というモチーフはこの辺の作品からでもあるようだ。
1985年制作のSFカルト映画で、バカバカしいほどに統制された架空の未来国家が舞台。
視覚イメージがスゴい。全編に流れるこの作品を象徴するとも言うべき曲が印象的。
「ブレードランナー」といい、この頃のSFは良いものが多そう。
ちなみにこの作品は3部作の2作目ということらしく、他に「バンデットQ」と「バロン」がある。
この辺じゃ見かけない。観たい。
 
未来世紀ブラジル(DVD) ◆20%OFF!
 
ブレードランナー ファイナル・カット【Blu-rayDisc Video】
 
■ビッグ・フィッシュ
監督はティム・バートン。
と、いうかその少し前に「シザーハンズ」を観た。
バートンといえば「シザーハンズ」。けど個人的には「バットマン」の印象の方が濃かったので、ここらで見識を調節しようとした次第。
大人の寓話を描かせたら右に出るものはいないのかも。
というか他に浮かばない。
奇抜なユーモアとモチーフに好感が持てる。というか好き、かも知れない。
一見エンタテイメントとして成立しているが、心にしみいる感動の方も手を抜かない。
おいおい、何を語るやら。 
そういう意味ではコチラもまた傑作だった。
老人の語る寓話のような「回想」と死の間際の「現実」とが交互で描かれ、その対象的な構造が実に見事。
良いものを観た。
 
ビッグ・フィッシュ [Blu-ray]
 
シザーハンズ [Blu-ray]
 
■ナイト・ミュージアム
何をするにも動機というのが存在する。
とかなんとか言っておきながら、「夕飯を食べながら観れそう」みたいな軽いノリで借りたもの。
といっても借りたのは自分ではないが。特に期待もしてなかった。
深夜の博物館でなんと展示物が動き出す!。こんなコピーで全てが語られていると言ってもいい。
素直に楽しめなかったのは、我々の脳が汚れてしまったせいだろうか。
いかにも子供受けしそうなつくり。
笑えもしなかった、というのが唯一ウケた。
とりあえず「2」を観る予定は今のとこ無い。
 
ナイト ミュージアム [Blu-ray]
 
これらをリンク元に、去年の自分のヒッチコック熱にみられた「監督縛り」をしてみようかと目論みつつある、というどーでもいい動機の前説をしたところで、返却BOXへと投函する。
といいながら、すでに別の5本がもう手元にあるので近いうちにまたこんなのがアップされるかと思われる。

|

2010年1月29日 (金)

パックブーンファイデーン

と、いうことで空芯菜炒めをつくってみた。
タイでは「パックブーンファイデーン」というのだ。
 
Kusin
 
こっちの方じゃあ入手困難な空芯菜。
kato-sunの導き通り、ららぽにあった
(それも毎日あるわけじゃない。実証済)。
 
鷹の爪とニンニクでざっと炒めるだけの単純料理。
1分程度で出来る。
味付けは鶏ガラスープの素と、仕上げにナンプラー。
味は格別。文句なし。

|

2010年1月27日 (水)

本日のコんガらガっち

Kongara1
 
適当に転がしてみた。
 
Kongara2
 
むささびとてぃらのさうるすがこんがらがって「むのさうるす」というクリーチャーが完成した。
いや、この種を「コんガらガっち」というのである。

|

2010年1月26日 (火)

code-0126

1月26日
 
今日は「コラーゲンの日」らしい。
コラーゲンの可溶化に成功し食品などへのコラーゲンの使用が可能になった、とある。
 
また、「有料駐車場の日」でもあるらしい。
日本の公共駐車場で初のパーキングメーターが設置された、とある。
 
また、「携帯アプリの日」でもあるらしい。
9年前のこの日、ドコモが携帯アプリのサービスを開始した、とある。
 
あとね、誕生日ね。自分の。
ヨングミラー テチーター!

|

2010年1月24日 (日)

ようこそカット&トライ

久々のkato-sunがウチに来て、ウェルカムボードの仕上げをしていった。
及ばずながら少々サポートをさせていただいた。
 
お昼に「パンガン」へ連れていってもらった。
空芯菜が付いた定食を馳走になった。なんだか久々のタイ料理だった。
 
ボードはまだデータ段階なので、完成版は見られるのかし。
その前に遠州の駅に空芯菜を買いに行こっと。

|

九分の満腹

昨日の昼食は「紅虎餃子房」で摂った。
あの感慨の餃子房。虎年は関係ない。
というのも、ランチタイムに「食べ放題」を始めたらしいので行ったのだ。
前にもかいたけど、自分は「食べ放題」に興味がない。
提案はまたしても言わずもがなだ。
 
ただし紅虎。「味」に間違いナシ。
チンジャオ、エビチリ、ホイコーロ、
チャーハン、天津、バンバンジー、
スープに杏仁、中国茶... とにかく全部が美味かった。
  
ところで、「満腹」とは腹何分ぐらいを言うだろうか。
満腹なのだから腹十分だと言うヒトもいるだろう。
胃は伸縮性に優れているので破れることがない限り詰め込められる。
でもそうまでして腹に食物を入れたくない。
それでいうと自分は、腹八.五分〜九分を「満腹」という。
余裕を余した満腹こそが「ちょうどいい具合」なのである。

|

2010年1月23日 (土)

物音発生人種

物音発生人種ってのがいる。
物音発生人種がその耳触りな威力を発揮するのは主に「静かな空間」である。
 
静かな空間とは「静か」を要求されている空間のことである。
図書館、病院の待合室、映画館、試験会場などなど。
静かな空間は日常の様々な場所で遭遇する。
通常ならば、その空間の中では「音」を極力たてないよう努める、というのが生きてきた中で備わった素養というもの。
生きている人間、どんな物音もたてずに生活することはまず不可能であるが、静かな空間の中においてやはり気を使うものではないだろうか。
 
ある日、とある静かな空間において物音発生人種と一緒になった。
それが物音発生人種と解るのに時間はそう必要ない。
まず、足音がうるさいからである。
 
姿は見ていないが、彼はどうやら缶ジュースを買ってきたようでカプシュ!と勢いよくプルタブをあけた。
音からしておそらくスプライト系の炭酸飲料だと思われる。
よほど喉が乾いているのだとでも言いたいようにまず大きな一口で喉を鳴らす。
そしてビールのCMを喚起する「っあぁー」をごく自然に吐いてしまうのが物音発生人種である。
ここが「ぷはー」じゃないところが人間らしいが滑稽だ。
 
テーブルに缶を置くのも、「叩き付ける」といった具合でガツン。
チューの口元を連想させるジュルルーと液体をすする音。
飲み口の隙間に入り込むボーボーという荒い鼻息の音。
さらに口に含んだ液体でグジュグジュと口をゆすぎ、挙げ句グフッと咳き込み、ゲホゲホとむせ出す。
まったく、きぜわしない。とつい遠州弁で思ってしまう。
 
「缶ジュースを飲む人」というお題に擬音を添えるとしたら、たかだか「ゴクゴク」とか「グビグビ」ぐらいしか浮かばないが、この人種のそれはこうもあっさり人知を越えてしまうのである。
 
音の発生。それは行動の大きさ。
あらゆる行動が誇張されているということ。
そして、人目が気にならないという幸せ。
物音発生人種は今日もどこかで物音をたてていることだろう。
 
ガムをクチャクチャと噛む、ジャラジャラとしたチェーンをぶらさげる、首の骨を鈍く鳴らす、そんな彼らを見かけたら物音発生人種の疑いをかけること。
あ、あとドアはバタンと閉めないで。

|

幻想第四次へ 3

最近、更新が潤滑でナイ。
正直めんどくさ...いや、少々気がすすまなかっただけ。
 
そんな中、晴臣氏関連がまた追加された。
 
Hosono3
 
要するに、「良い」ということ。

|

2010年1月19日 (火)

成願寺または知覚の扉

ご無沙汰。
 
以前hori-chaとの対話の中、名古屋でAACA賞を獲得したお寺があるという話が飛び出したので、二人でブラっと行ってみることにした。
AACA賞とは『建築家や芸術家、デザイナーらが互いに連携し、優れた芸術環境をつくることを目的としている「日本建築美術工芸協会」という団体さんが定めている賞』とのことらしいが、初めて知った。
 
17日。日曜。天気は晴れ。行楽日和のオハはマヨチュチュ。
こうして彼の運転で名古屋へ。向かうは「慈眼山 成願寺」。
韓国海苔の塩気を含ませた弾む会話の行きの車内、話題は多岐。
と、そうこうしている間に到着する。
 
Joganji_2
 
およそお寺の雰囲気を感じさせない佇まい。
屋根は膨らみを描き、ファサード部は全面ガラス張り。
敷かれた水面とガラス面が互いの鏡像を映し出ている。
伝統と現代の融合。
拝。
 
成願寺を後にし、昼食はブラっと立ち寄った喫茶「ドンキホーテ」でカニクリームコロッケセットをおいしくいただき、帰宅がてらに「豊田市美術館」へと足を伸ばすのである。
 
現在、豊田市美術館では「知覚の扉」という展示をしている。
あらゆる感覚器官を刺激して身体感覚を揺さぶる作品というのがテーマである。
例えば、車をドライブスルーの洗車機にかけるとき、車は停止しているはずなのに背景である「門」の方が動くもんだから、車自体が動いてるんじゃないかという錯覚に陥ることがある、が、それに似ている。
天上と床が鏡面になってる部屋の四方壁に断片映像を映す「9th Room」など体感型の作品もあり、楽しめる展示だった。
 
Doom

ちなみに写真は、中庭にあったドーム型の作品。
鉄壁には無秩序にあけられた無数の穴。漏れる光はさながらの星。
 
夢のような日々でした。鬼のようなひとでした。
とは、イチハラヒロコ恋みくじの弁である。


|

2010年1月14日 (木)

ねじまき眉毛と面白味

と、いうことで「ねじまき鳥クロニクル 第1部」 泥棒かささぎ編を読み終えた。
第3部まであるので、あと2巻ある。
 
と、こんな報告は面白味に欠けるので、「初夢」の話でもしておく。
タイトルをつけるなら「つながった眉毛」あるいは「連結のまゆ」とでもなるのだろうか。
整えようと試みるがどこが境界なのかわからず苦悩するという内容だ。
 
と、こんな報告もまた面白味に欠ける。
それに引き換え「ねじまき鳥クロニクル」は面白いので間違えないように。

|

2010年1月12日 (火)

幻想第四次へ 2

晴臣氏関連を追加した。
 
Hosono_2

|

外事警察

11日。
mattsunと「外事警察」をぶっとおし観た。
内容は「ド」がつくほどシリアスだが、最後まで目が離せない。
 
NHKの土曜ドラマ「外事警察」が放送されていたのは去年の11月のことだ。
当時、この話題を彼は嬉々として語り、テンションを×1.5していた。
第1話を逃したボクは、じゃあ2話以降からみる、というわけにはいかなかったので、彼の語る嬉々としたプレゼンテーションを聞いてやることしか出来なかった。
これだけ聞かされれば興味が出ないわけもないので、もしもの再放送を心待ちするようになっていたのだ。
 
そんな、今年。今月。10日。
アンコール放送として「外事警察」全6話が一挙放送されたのである。
その情報を以前から獲得していた我々としては、それをイベントとすることは至極必然だったわけである。
当日は録画で取り置きし、翌11日に合流。
 
途中昼休暇を挟みつつ、こうして録画したドラマはほぼノンストップで消化されていった。
噂に違わぬ良作。満足を得た。疲労も得た。

|

2010年1月10日 (日)

TVドナドナ

つい先ほどのこと。
部屋でねじまき鳥クロニクルを読んでいたところへ、かの男sakagamiが来た。
我が家で不要となったTVを頂戴しに参ったのである。
 
この不要となったTVとは、元々は自分が購入したものだ。
思い返せば6年ほど前のことだろうか、ジェットリー「HERO」のDVD発売に合わせてひと回り大きめのTVを購入しようと思ったのだ。そして手に入れた32型のワイドTV。
今は「薄型」が主流だが、この時のTVはインチサイズと比例して奥行きも大きくなったものだ。
かつてはそのTVを電器屋からカートを引きずって自力で運んだのだった。
 
それから数年、マイTVとしてよく働いてくれたが、時代もデジタル紀に突入し、また「パプリカ」のDVD発売を見越していたことからいよいよ「薄型」を導入しようと思い、このTVは弟の部屋へと譲渡され引き継がれた。
どうやら自分のTV購入の引き金には好きな映画のDVD発売が背中押しとなっているようである。
こうして二代に渡って働いてくれたTVは今年、弟がいよいよ「薄型」を導入したことで三代目に引き継がれることになったようである。
 
我が家で不要となったこのTVは、我々兄弟が総出で運搬作業に加担した。
といっても自分はただ見ていただけに過ぎないが。
廃棄処分を免れたTVはどこか安堵しているように見えた。
否。まだ働かせるのかよ。と不満をもらしていたのかもしれない。
 
その後、弟は彼の宅まで同行し運搬作業を続けているようだ。
自分も同行をお願いされたが、ここはキッパリとした態度でお断りした。
お礼をチラつかせてまでお願いされたが、ここはキッパリとした態度でお断りした。
まあ、是非使ってやってくれな。

|

2010年1月 9日 (土)

DVDの方がとにかく良い

HP(ヘッドホン)購入以降、ヒラサワを中心とした楽曲類の「音探り」の時間が日常の中に取り入れられている。
これは、これまで聞いていた曲でも知らなかった音を探り出すことによって生まれる新鮮味、あるいは新たな感動を愉しむという行為なのであるが、こうして文字として記述するとヲタっぽさすら匂わせてやいないかいという気がしないわけでもない、が続ける。
ヒラサワの場合、CDアルバムより、ライヴDVDの方が「とにかく良い」ことにさっき気づいた。
よほど嬉しかったのか、こうして記事にしようとしている。
 
ブチあけて言ってしまうとCDの方は実は、残念な具合なのである。
それに引き換え。
何がどう良いのかとくどくど説明する気は無いが、
比べてみればその差は歴然。明白。
ここへ来て、新たな愉しみ方がまた増えた。 
 
余談になるが、来月には今年初のライヴが控えている。
もはや恒例となったPHONON LIVEの第3弾。
今回は、現在進行中の「還弦曲」の披露アリとのこと。
高鳴る鼓動の抑制には今ある素材の愉しみ方をあれこれ試行することが何よりの鎮痛剤となる。
ただし、実はそれって興奮剤じゃない?との呼び声多数。
オーバードースに注意すること。

|

恒例風の吉日

Tora
 
実質的な初詣は他所ですでに済ませていたが、
我々はあらためて小国神社へ行ってみた。固そうな素材のトラもいた。
参拝後は一応、恒例風の「おみくじ」も引くのである。
 
結果は自分が「吉」だったりする。かたや「小吉」。
はてさて「吉」のポジションがいまいちわからない。
中吉→吉→小吉 のような頭でいたが、調べたら 中吉→小吉→吉 だった。
とんだ順位変動が生じたが、
まー 次にはまだ 末吉 があるので、安心しておくとする。

|

2010年1月 7日 (木)

Get Get Get の鬼太郎

鳥取へ行っていた母から鬼太郎に関連する土産グッズを「ゲゲゲ」って言うくらいたくさんもらった。
その中のひとつ。
 
Ggg
 
愛らしい鬼太郎の面々がズラリ。
全員ミニクリップと化している。
砂かけや、ネコムスメなんか秀逸の出来。


|

2010年1月 6日 (水)

カッコーの巣の上の後で

っは!もう6日。
3日の日曜まで溯ってみれば、DVD「カッコーの巣の上で」を観たな。
それから、hori-chaと会ったっけな。
じゃあこれでゆこう。
 
ジャックニコルソン主演「カッコーの巣の上で」は言わずとしれた名作らしかったが観たことはなく、以前記事のタイトルに使用したことから自己触発し、観てみたくなったという「どーでもいい経緯」がある。
刑務所から逃れるために精神異常を装って精神病院に入院することになった男が、患者の人間性や尊厳をも奪ってしまうその病院で「自由」を勝ち取ろうとするストーリー。衝撃ラストが印象的。
面白く観た。
これが今年、初のDVD鑑賞となった。
 
夕方、hori-chaから連絡を受けて出陣。
ネイティブアメリカン風ジャケットで現れた彼は「これは沈黙のインディアンみたいなヤツでセガールが着てたヤツみたいなヤツだよ」と丁寧に曖昧な説明をしてくれた。
軽い食後、彼が最近購入したというPS3をプレイさせていただいた。
「パワースマッシュ(テニス)」と「ソウルキャリバー(対戦型アクション)」。
PS3自体は触れることすら初だったので物珍しくみえたものだが、この手の大人系正統派風ソフトを体験すること自体が実に久しぶりだったということもあり、懐かしみも加味し面白くやった。
これが今年、初のTVゲームとなった。
また、長らく貸しっ放しにしていたDVD群を奪還アルカトラズし、帰宅した。
 
ちなみにその後もう1本「パンズラビリンス」というスペイン映画を観たが、これをただのファンタジー映画だと思って観るとヤケドするので注意するように。
これが今年、初のヤケド注意報となるので。
 

|

2010年1月 2日 (土)

STRONG WORLD

AKEOMEKOTOYORO 2010

ガンジツ。
おやつ時間を狙ってmattsunとララポへ。
新年でゴッタかえす肉の塊を交わしながら、映画初鑑賞。
ONE PIECE STRONG WORLD。
 
もはや去年のこと。借りていたコミックス数たるやおよそ35巻ほど。
読破という消化を年内に定め、苦難の末にこれを見事クリアした。
借り物といえ愉しく拝見させていただいた。
そして今回、社会的ムーブメントを引き起こしているSTRONG WORLD。
原作のシナリオから逸れることなく、原作者が直接制作の指揮をとりこだわりぬかれてつくられたと聞いた。さらに、映画本編の序章を描き下ろした「0巻」が先着で配られるという特典つき。
これだけでも制作側の「やる気」が感じられた。
そりゃあ、はやるわけだ。
 
小さな子供たちが7割を締めたその館内で、そんな「やる気」に胸躍らせて観てみた。
結果。
残念。っもう!
演出の誇張がいちいち気になる。なんでこうもこれ見よがしなのか。
あ、そうか。そりゃあ子供たちが喜ぶわけだ。
 
まー「0巻」が手に入っただけでも良しとするけど。
と、正月らしい内容を一切割愛して、去る。

|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »