« 岩井俊二プチ上映会 | トップページ | うるおうの壺 »

2009年11月11日 (水)

スーパーカリフラジリ...

1日目。
「モモ」を観た。
児童文学が原作のファンタジー映画。
随所おいてけぼりにされる脈絡無く直進する展開に戸惑うも、言わんとしていることは解る。
忙しさにかまける余裕のない人類に、生きるということの本質と大切さを訴えているのだ。
時間貯蓄銀行と称す灰色のセールスマンが人々からゆとりの時間を奪って行くというストーリーで、不思議な力を持った少女モモが世界を取り戻してゆく。
こんな世界。嗚呼、愉しすぎる。
 
2日目。
「メリーポピンズ」を観た。
言わずとしれた1964年制作のデズニーのミュージカル映画。
こんな世界。嗚呼、愉しすぎる。

スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス!
これを早口で言う。人生を向上させてくれる魔法の言葉になる。
さっそく覚えて多用している。
 
3日目。
うって変わって本日はあとで「バットマン ビギンズ」でも観るか。

|

« 岩井俊二プチ上映会 | トップページ | うるおうの壺 »