« 音と映像のシンクロの妙 | トップページ | ナルトライダー »

2009年11月 4日 (水)

JAZZの宵

夜。隣町の「Cafe' MAM'SELLE」へ。
 
mattsun、yasutaka、それと自分。
三人のダンディズムが揃うとき「ジャズの宵」が開催された。
 
ジャズに無知蒙昧の我々が、真空管アンプのダイナミックな良質的アナログサウンドでもってジャズを聴き入るという2時間。しかも特等席を陣取ってしまったというそんなイベント。
 
Jazz
※今回photoはiphoneのToy Cameraアプリによるもの。
 
ジャズの歴史を振り返りながらモダン・ジャズの名盤や古き良き珍盤などがノンストップで流れてゆく。
といっても、ジャズにもレコードにも無知蒙昧な我々は、名盤と珍盤の違いすら解らないわけだが。
 
ホットケーキと濃いいホットコーヒーを豊かに味わいながら、こんなちゃんとジャズって聴いたことなかったなぁ、なんて平凡なことを考えるも、愉しみ方を模索しながらのその2時間は、なかなかにして良い時間であり、貴重であった。
 
その後はファミレスでいつものごとく。日付の越境前には解散した。

|

« 音と映像のシンクロの妙 | トップページ | ナルトライダー »