« いま、ふたたびの奈良へ | トップページ | あらしのよるに聴く »

2009年10月 4日 (日)

いま、ふたたびの奈良へ2

翌朝。ホテルでビュッフェ形式の朝食をいただく。
早々にチェックアウトを済まし、バス停にてバスを待つ。
さて、本日は快晴。絶好の遺跡巡りと思われた。
 
 
■飛鳥 史跡を辿る石の都
 
Ishibutai4
  
何だ? 何があったんだ? 遥か飛鳥で――
 
Kamegata3
 
駆け抜けた国づくりの夢―― 謎めく石たち――
 
Sakafune
 
にっぽんの始まりの舞台―― いま、ふたたびの奈良へ―― 
 
というJR東海のCMに触発され、写真もそれ風に加工してみた次第。
 
まずは「石舞台古墳」に到達。
我々が最初に挙げた感想は「あれ? 小さい」だった。
というのも、もともとそんなに大きいものだとは思っていなかったが、ガイドブックに乗っていた写真に映っていた人影が驚くほど小さく、「え、石舞台ってこんなにデカイの!?」なんて固定概念を覆されたからだった。
で実際に拝見しましたら、その人影に見えていたものは、お供えの花であったというオチ。
とはいうものの、実物は圧巻。
思い出されるのは手塚治虫氏の火の鳥・ヤマト編である。石舞台古墳の造営にまつわる独特の解釈を込めたエピソードである。こちらも傑作。
蘇我馬子の墓だとされており、本来は盛り土がされていたらしいが、事実は現在もわかっていない。
石舞台の下には石室の部屋があり、中も公開されている。
 
地図を忘れたので、その後、どこに行くべきか迷う。
昨日とは打って変わって日照りが強く、汗が出放題。とにかく暑い。
飛鳥の雄大な景色も魅力だが、一刻も早く次の石物に出会いたいものだ。
結局バスまで地図を取りにもどって、次に「酒船石遺跡」へ向かうことに。
「亀形石造物」と「小判形石造物」が見られるエリアへ到達。
水を貯めるためのものと考えられているらしい。頭の部分の穴から水が流れ込み尻尾の穴から流れ出す。
じつに、なんというか、ユニークである。
あとで知ったが、この「亀形・小判形石造物」が発掘されたのが、2000年のことだという。
ごく最近である。
 
小高い丘を少し登り、反対側へ回ってカメラを構えていると、あとからcheeもついてきた。
昨日の雨で土がぬかるみ、丘は滑りやすくなっていた。「滑るでね」と注意をうながした瞬間に、ドサッ!と聞こえた。
振り返ると、片手にカメラ、片手に日傘を差していたcheeが地面に突っ伏していた。
「わーわー」と慌て近づいて手を貸すと、ボクの首からかけていたカメラのレンズ部がcheeの額にクリティカルヒットした。
踏んだり蹴ったりが降り掛かったcheeのズボンは泥んこまみれになっていた。
 
つづいて、「酒船石」へ。
美しい竹林の緑なる坂道を登って行くと、「酒船石」は存在した。小学生の群れに囲まれて。
それも酒船石そのものをテーブルかわりに、レポートをかいてる。「はーい、次は3組です」と先生。順番があるようだ。
我々は3組のあとを待った。
幾何学模様が彫られた石板は、酒や油を搾るために使用されたとの諸説があるがこれまた定かではないようだ。
 
ここで時間いっぱいいっぱいになってしまって、他の石物はお預けとなってしまったが、とにかく敷地が広くてとても回りきれない。
名残惜しみつつ、飛鳥をあとにした。
 
 
■スイーツクーポンをかけたゲーム
 
戻りのバス内。
ツアーメンバーは1人1枚500円分のスイーツクーポンを持っていた。せっかくなので使わにゃ損損。
だがツアーメンバーの中に、このあと博物館へ行くもんでクーポンは使わないよ、という人物が現れた。
そこで、ガイドさんの粋な計らいで、この余った1枚のスイーツクーポンをかけて、ひとつゲームを始めることになった。
ルールは簡単「現在、財布の中に一番古い10円玉を持っている人が勝利」というものだった。
全然乗り気じゃなかったが、一応財布を確認してみる。
周囲では「昭和48年!」などの声が挙がっている。
「さあ、昭和48年より以前の10円玉を持ってらっしゃる方いますかー?」
 
実はボクの財布には常時、「ギザ10」が入っている。
使えずに何枚も貯まってしまったわけである。
おもわずアルカイック・スマイル浮かべた。こんなところで役に立つとは。
「はい、昭和28年」
圧勝であった。
 
我々はスイーツクーポンを手に入れた。
 
 
■奈良町散策
 
Rakudamona
 
最初のクーポンは「tenten cafe」という甘味処へ。
自分は「らくだモナカアイス」を。モナカの中に抹茶アイスと小豆を挟んで食べる。
おいしく、上品を味わった。
 
その後はただ歩くを繰り返し、時間いっぱいまで奈良町を堪能した。
いただいたクーポンは「西寺林スイーツ」というお店で、レモンのチーズケーキといちじくのタルトに使用。
夕飯をバス内で食べるべく、名物「柿の葉寿司」も購入した。
 
いざさらば奈良。
帰りのバスでは、車内にビデオが流れた。
多数決で決定した「しこふんじゃった」である。
特にすることもなかったので、ちゃんと観てしまった。
  
追記
よく考えてみれば京都・奈良への修学旅行は中学校のときでは無かったか?
聞くところによれば現地の小学生は通常の社会科見学として古社寺群を見学するそうな。
今回各所で見られた小学生らは実は修学旅行生ではなかったかもしれないと考えられる。
以上。
 
さて、悠久の遥かに思いを馳せた2日間。
翌日はふたたび現代の現実に引き戻されるのである。
  
2009. 9.30-10.1

|

« いま、ふたたびの奈良へ | トップページ | あらしのよるに聴く »

いま、ふたたびの奈良へ」カテゴリの記事