« 安価グリム | トップページ | 形どるもの »

2009年10月19日 (月)

音と光のインターフェース

web上の「inudge」というもので作曲もどきを体験してみた。
コレ、音楽の知識が無くても視覚的・直感的に作曲・演奏が可能なのである。
 
良いサウンドが完成すると大変に気持ちの良いものだ。
そこで、コレの元であろうヤマハ「TENORI-ON テノリオン」(実機)に突発的な興味が沸いた。
つい「欲しい」と思ってみたが、お値段が絶妙に高価格で、断念。
 
ところがこの突発的な興味は、思いもがけずタイムリーなリンクを果たしていた。
今月末より開催される「文化庁メディア芸術祭 浜松展」にちゃーんと、出展されるんではないか。
もともと足を運ぶつもりでいたけど俄然、心構えが強化された。
そんな今日この頃。

|

« 安価グリム | トップページ | 形どるもの »