« 宵のビワ酒 | トップページ | ようこそ3名様 »

2009年9月27日 (日)

祭的光景

26日の夜「見付天神裸祭」の会場へ。
裸祭は、矢奈比賣(やなひめ)神社に祭られている神様を、淡海(おうみ)国玉神社へ渡御するという神事のもとに行うもので、コシミノをつけた裸の漢衆がひしめき合っては乱舞するという光景がみられる。
 
面白そう。ミーハー部分が顔を出し、自宅から徒歩で向かったわけだ。
先に言っておくと、自分はお祭り的騒ぎが得意ではない。
しかし、普段は交通規制の中にいて車の独占領地となっている共有道路が、このときだけは歩行者のものとなる。そんな道路には人がわんさか溢れ賑わい、信号機は沈黙し、様々な屋台が軒並み連ねて配列される。いわゆる歩行者天国というやつ。
この非日常的な具合は気に入っている。
 
とりあえず、オイッソー!オイッソー!の掛け合いに、コシミノの漢衆が汗だくになりながらおしくらまんじゅうを繰り返している一団を目撃する。その一団へもう一団が激しくぶつかり、合流、増殖。そしてまた一団が、ってな具合で塊魂みたい。その光景に鬼気迫る圧を感じながら、いそいそと屋台の方へ流れた。
 
どうも道路に無造作に捨てられたゴミが気になってならない。いましがた食べたアメリカンドックの棒だったり、割り箸、ペットボトル、落ちて誰かに踏まれて潰れたポテトとかね。あと吸い殻。
そっかあ、歩行者天国だもんねー。と、そうはならない。
たぶん翌日には地域ボランティアの方々か誰かが清掃するんだろうけどさ。
どうやら、人間自由になると居住空間を汚すのね。じつになんというか動物的だ。
まあ一部のヒト科だけだけどね。
普段の車道の方がキレイなんだと気づいたね。そういえば歩道には植木付近に捨てられたお菓子の箱とか、金網にペットボトルが突っ込んであるやつとかよく見るもんね。ガムが吐き捨ててあったりね。
歩行者の方が何かと自由度って高いわけよ。
自由ってゆうか野放しね。
 
それはそれとし、もう一つ気になったのが、暗闇でピカピカ光る刀とかカチューシャとか腕輪とかなんだかよくわからない電動式風車とかみたいなアイテムね。
それらを販売する屋台をまー5件ぐらい見かけたわけね。やっぱり子供に大人気なわけ。
でも以外と値段も張るわけよ。1000円とか。払うのは親だけどさ。
 
であれ何?必要?
結構みんな持ってる。ピカピカさせてね。レインボーに。
キレイよ。たしかに。
お祭りが終わったあと持って帰ってきて暗闇でピカピカさせて面白い?
すぐに飽きるよね。そんな頃に電池もきれちゃうでしょ。で押し入れゆきだよね。
じゃあ来年それに電池入れ直して持参するかえ?しないよね。多分。
来年はまた違った形のピカピカを買うのかな。で廃品回収ゆきだよね。
 
でもね。違うわけよ。それがお祭りなわけよ。
あのピカピカのやつをもった子供たちがうろうろすることで「雰囲気」をつくり出しているのよ。
なんかお祭りっぽいね、って感じをつくり出しているのよ。多分ね。
お面も一緒。ミッキーのお面をかぶるならもっと相応しい場所があるでしょうに。
けどね。違うわけよ。それがお祭りなわけよ。
 
雰囲気なのね。だいたいなのよ。なんか。愉し気に。
だって、ピカピカのやつ片手に持ってライダーのお面を頭にかぶったおじさんとか見たもん。
おじさんはさあ、その場の雰囲気に交じってお祭りらしきを満喫しているわけよ。
それみてるとさあ、なんか感動しちゃうよね。健気でさあ。
そういう人たちがいて成り立っているわけよ。
 
あー、ボクはしないよ。無駄だもの。

|

« 宵のビワ酒 | トップページ | ようこそ3名様 »