« 日本の夏 花火 | トップページ | 日本の夏 氷2 »

2009年8月 7日 (金)

日本の夏 氷

3日、月曜。
紫外線シャワーが肌を傷ますカンカン照り。
 
何気なく「旧見付学校」に行ってみたものの何気なく行ったために、まさか休館とは知らなかった。
仕方が無いので周辺をブラつき、谷口屋さんのノレンをくぐる。
 
大判焼きなどをメインとした昔ながらのファーストフード、兼、駄菓子屋。
かき氷のメロンクリームを注文し、火照った体を芯から冷やす。
 
Kori
  
クリームとは、ミルクにあらず。
中に直接、ソフトクリームが入っている。
つべたくておいじい。
 
食べ終わった頃には、完全に体が冷えきっているのである。
これなら、外の温風もビクともすまい。
 
冷えてアイスのようになった身体は、外気の熱気をもろともせず、コールドバリアーを能力として身につけた超人・ミュータントへと変化を遂げていた。
 
能力は帰宅するころにはすっかり失われていた。

その他、この日はヒッチコックの「間違われた男」を観た日であり、
何年かぶりにきちんと「AKIRA」を観た日でもある。
 
「AKIRA」を観終えた我々は、何の打ち合わせもなく、拍手し、喝采した。とにかく良いと。
この熱が冷め止まぬうちに、以前yamamoto-sunからいただいたサントラのデータをipodへと同期させ、波動の音色でド良いループを始めるにした。
「芸能山城組」。「AKIRA」の世界感を、音楽で表現できうる唯一の集団と改めて思う。


|

« 日本の夏 花火 | トップページ | 日本の夏 氷2 »