« 20×20 | トップページ | 日本の夏 氷 »

2009年8月 5日 (水)

日本の夏 花火

2日、日曜。天候は決して良くはない。
 
「三ヶ日花火大会でも見てこりゃいーじゃん」
会員限定特別観覧席で花火を堂々楽しめる。という母のイキなはからいを素直に受けることにした我々は、この日の朝方、三ヶ日はホテル・マグナリゾートへと車を走らした。
 
ホテル内は賑やかい。花火大会でコチラを利用する客は多いようだ。
外では出店が賑やかい。M.ジャクソンが始終大音響で流れている。
 
もともとは日帰りの予定だったが、せっかくだから宿泊すれば。と勝手にキャンセル部屋に宿泊予約を差し込んだ母のイキなはからいを素直に受けることにした我々は、フロントで日帰りだの宿泊だののごちゃごちゃによってぐちゃついたりもたついたりのいざこざにどぎまぎしつつもなんだかんだのやんややんやで419号室のルームキーを渡してもらえて、やっと部屋にて一息つく。
 
ぐちゃついたりもたついたりのいざこざは、ダブルブッキングという形式で落着し、我々は日帰り用についてくる「特製弁当」と、宿泊用の夕食「バーベキュー」を両方いただくことになっていた。
笑うしかない。よーし、いっぱい食うぞ と相成る。
 
その間、温泉にて汗を流し、バーベキューにて再び汗することになる。
案内された席。のコンロに火がつかない。とスタッフ焦る。そこでもぐちゃついてもたついた。しばらく後、違う席を案内され事なきを得た。ずいぶん待たされたが、ここは温厚に、思い出に変えた。
おかげでドリンクをつけてくれたり、食後のアイスを2つくれたり、スタッフのにいちゃんが気を使ってくれた。

Bbq

食材は海鮮メイン。それぞれの舌鼓を打ち鳴らした。
 
その後、特別席という名のパイプイスへと移動をし、浜名湖越しに花火を鑑賞。
特製弁当は胃が受付ないので、とりあえず膝元に置いておくにした。
発射ポイントが肉眼で確認できるほどの至近距離。
上から降ってくるような花火なんて観た事ない。というcheeは目をランランさせていた。
 
三ヶ日花火の名物らしい「水上花火」。

Hanabi_6

いやあ。その光景たるや、ほとんど爆発。
  
日本の夏、しかと愉しみました。
 
さて部屋にもどった我々はクレオパトラの妹の骨の分析から謎に包まれた女王クレオパトラの知られざる実像そして古代エジプト滅亡の裏にあった驚くべき歴史の真実に迫るヤツを観ながら特製弁当をキレイに胃に納めた。
 
雨降らなくて良かった。


|

« 20×20 | トップページ | 日本の夏 氷 »