« 万灯の利益 | トップページ | ドラゴンフライカラーズ »

2009年7月15日 (水)

REM SLEEP

おやすみ。これすなわちこんにちは。
 
これでようやくZukkyへの返却&レスポンスが可能になった。
長らく拝借していた小説『パプリカ』を読み終えたからだ。
 
夢と現実との境界がしだいにわからなくなって混交してゆくという物語、なわけだが、今監督版(あえてそういう言い方をさせていただくが)とは、全く違うといっても過言ではない絶対的な面白さがある。無論、その差異をまた楽しんだりもしたわけだ。
精神医学的にも心理学的にも夢分析的にも博識であることが伺える著者のこと、読んでいるだけでたいへん勉強させられた思い。
 
自分自身、最近やたらと夢をみる。
というか、夢を覚えている。
それだけインパクトがある夢が多いわけだ。
夢には現実では表に出ない潜在意識が夢では無意識で表現されて出てくるという。
それが現在の精神状態の現れだったり、潜在的な予知能力だったりする。
まあ、そんな素養のない自分には見た夢によって自分を分析することはできないわけだが、どうも最近の夢はよろしくないもののように感じてならない。
 
例えば、凍えるほど寒い川べりで一人テントを張って眠らなければならないという状況のものであったり、果てしなく長い下り坂を自転車でただひたすら下ってゆくものであったり、何者かを窒息させてまで助けた赤ん坊の左腕が無かったり、実はこうして一つずつ記事にしていることすら少し恐くもあるほど負をイメージさせるもの揃いである。
しかも全ての夢の景色は「暗がり」なのである。
 
そこで、ボンッと夢辞典なんぞを紐解いてみた次第。
ほほう。なるほど。なるほど。
え、これって… あ、やっぱり…
 
じゃ。おやすみ。

|

« 万灯の利益 | トップページ | ドラゴンフライカラーズ »