« 奇跡の価値は | トップページ | デザインリサイクル »

2009年7月 7日 (火)

やたらと多いという傾向

奇跡の価値から数時間後、『あらしのよるに』を返しにmaruと会う事になった。
会えばトークは避けられない。
今回のキーワードはおそらく「キャラメルアルパチーノ」といったところだろう。
その引き換えに、こちらも推薦できるDVDをお貸しした。
さらにmaruから、新たに『BABEL』を借りることになり、その日のうちに鑑賞せよとのノルマを見事果たすことに成功した。
 
そんなこんなで最近、貸し借りによる鑑賞がやたらと多いという傾向。
もちろん、ありがたいことではある。
ただ、記事も偏るからと全部はかききれないでいる。
 
ちなみに『BABEL』は深く良く、hori-chaから借りているものでは『幸せのちから』が良かった。
と、今回端的に言うにとどめた。以上。

|

« 奇跡の価値は | トップページ | デザインリサイクル »