« 舞台流千年in長久手 | トップページ | 球体の水 »

2009年5月 7日 (木)

バッド? いいえ、グッド

この箸。
 
Hashi
 
折れたバッドの廃材を利用して、「ボク」が作ったものだ。
正なる「マイ箸」。なかなかの出来であろう。 
 
というのはこの日、おそらく黄金期間の最終日、
浜松市は西武清掃工場、通称「エコはま」にて行われた「折れたバッドで箸づくり」に参加したんである。
 
ちなみにこのイベントは予約制。
  
イベントの詳細覧にあった「10時〜12時」という表記を、
「10時〜12時のあいだでお好きな時間にどうぞ」と勘違いしたchee。
 
当然、これは「開始が10時である」という意味であった。
 
おかげで、我々「大遅刻」。11時半に飛び入りで参加した。
 
この時、他の参加者はすでに自分の箸をつくり終え帰宅していた。
 
教室には、箸づくりを教えてくださるおじさんたち5人と我々2人だけ。
 
さあ、我々の箸づくりが開始された。
作業は簡単。
用意された元バッドの木材をただヤスリで削って形をつくってゆく。
時間も少ないので、作業は急ピッチで行われた。
ひたすら擦る。削る。擦り、削る。
黒服は木屑まみれ。き・く・ず・ま・み・れ。
 
おじさんに手伝ってもらったが、なんとか12時には完成に至った。
ふぅ、なかなかの出来だろう。
 
 
 
下写真は、昼「キャナリーロウ」で食べたパスタ。
 
Photo
 
Rannti1
 
パスタはスプーンとフォークなので、いまだ「マイ箸」は使われず。

|

« 舞台流千年in長久手 | トップページ | 球体の水 »