« 祝い訪問 | トップページ | 赤なき世界 »

2009年4月 9日 (木)

ヌーヴェルヴァーグの神

随分と更新が滞っていた。

時間はあるが、なにぶん考えることが多くて雑文を書くための余裕に欠けているというのが理由である。
更新していなかった分書くべきことは山のごとしだが、少し現在のブームについてメモしておくことにした。

唐突だが、現在「ヒッチコック」にハマっている。
遠方のTSUTAYAが月〜水の三日間、期間を2泊と指定すれば料金100円という情報を入手し、その恩恵をほぼヒッチコック作品に当てているのである。

●鳥 ●めまい ●サイコ は以前観ているので、

以下、最近借りたものを列挙する。
●裏窓
●ロープ
●知りすぎていた男
●北北西に進路をとれ

●ファミリープロット
●ハリーの災難
●マーニー
●フレンジー
●舞台恐怖症

●引き裂かれたカーテン
●見知らぬ乗客
●間違えられた男
●私は告白する
●レベッカ

である。最初に借りた「裏窓」や「ロープ」で火がつき、その後次から次へと借りては観ては返している。なにせ2泊なのでその回転はめまぐるしい。

「良く出来た娯楽映画であることは間違いないのだが、その底意が泥沼のように深い」まさに今敏大監督のいうとおりである。意図して仕組まれた無意識にやられる。

考えることが多くて雑文を書く余裕に欠けているといっておきながら、ちゃっかり映画は観ている。

一つ一つレビューしても良いが、残念ながら考えることが多くて雑文を書く余裕に欠けているのである。

このブーム、まだしばらく続く模様。

|

« 祝い訪問 | トップページ | 赤なき世界 »