« 未来の廃墟を再生する | トップページ | 燃料補給のような食事 »

2009年4月28日 (火)

駅ビル7Fの恍惚

「タイタンの妖女/著・カートヴォネガット」を読破した。
 
まずは達成感。そして恍惚。
 
SFの形式にみせてはいるが、「人類の生きる意味」を説いている。
 
アイロニーとウィットが混在する独特な語り口は奔放で、まるで輪ゴムの端についたボールのようにあっちこっちへと振り回されたが、一気に読みほしてしまった。
 
グッとくる傑作。
 
「だれにとってもいちばん不幸なことがあるとしたら」
「それはだれにもなにごとにも利用されないことである」ラムファード夫人—ビアトリス

|

« 未来の廃墟を再生する | トップページ | 燃料補給のような食事 »