« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月27日 (金)

祝い訪問

昨日、26日 木曜日。

Eda-sunの骨董屋がもうじきオープンをむかえるんで、kato-sun、matsuとともにオープン前のお店を祝いを兼ねてお邪魔することになっていた。

「ラ・フェスタ」でニョッキの昼食を摂り、Eda-sun宅兼お店へ。

内装はとてもおもむきがあって、並ぶ品々もEda-sunらしさがふんだんに溢れていて良い。

この日のために買っておいた祝いの品も喜んでもらえ、そのお礼にと、商品であるティーカップを逆にいただいてしまった。申し訳なく思ったが、とても嬉しい。

途中komata-sunがきて合流。

自宅にもお邪魔した。動物性食物繊維を口にしないというマクロビを貫く生活が、出された自然食ケーキや穀物コーヒーなどから伺える。

帰り、ボクはまたEda-sunの本をお借りした。「無我と無私/著・オイゲンヘリゲル」。
店がオープンしたら立ち寄りがてら返しにゆこう。


その後、kato-sunとmatsuをウチに招待した。

|

2009年3月21日 (土)

世界古典的漫画映画in静岡

Img_5216
 
Img_5224
 
Img_5227
 
清々しいほどの青空にCo2をまきちらしながら静岡市へ。
映画を観た。

現在シネ・ギャラリーにて「ワールドクラシックアニメーション」ってのをやってる。
自分たちの目的は唯一のジャパン作品「山村浩二短編集」。

池田の森にていっぱいの梅の花と、再びの豆スープランチ。
D&DEPARTMENTにて学校の机の端っこを切り取って写真立てに再利用したものに驚愕。
パルコ内のLOFTでペンギンのクリップを土産に購入。
百町森で国内外たくさんのこどものおもちゃに接触。
を経由したのち、夕方17:30から上映されたのを観た。

山村氏には「かわいい」と「不思議」を兼ねそろえた作風がイメージとしてあったが、その実、みせられた作品にはショックを受けた。 一番ショックを受けてたのはchee。
「ゾッとするような怖い作品が多い」
でもそれらには原作のようなものがあったみたいだけど。

けれどもイメージの連鎖、イマジネーションの連続は見事の一言。
結局全部良かった。

「かわいい方」で自分のオススメは
『カロとピヨブプト「あめのひ」』
『キッズキャッスル』
『こどもの形而上学』。

一つの映画でたくさんのストーリーを楽しんだのは初めてだったと思う。
満腹し、満足し、帰宅した。

そんなこんな。


|

2009年3月19日 (木)

襟足解体半額デー

火曜。
美容院へ。担当は今回初めてとなるスタッフ。
襟足のハネくせを取った方が良いというのでお願いしたが、永遠襟足ばっかり時間かけるもんだから、「おいおい」と思いながらもボクはもくもくと切られてゆく襟足をただ見送るしかできなかった。
会話の中で少し興味深い話がでたので紹介。
自分の分身を手のひらに出す修行をしたヒトがいるらしく、そのヒトは手のひらに出した自分の分身を見て羽を痛めてうずくまっていると言ったとのこと。羽?それはさておき。
ばかばかしいが、これで学ぶべきことは、自分自身をよく見つめ直すことが大切だということである。

さて夜、母と今度は美容院ではなく、病院へ行き、その後はイオン市野に寄ってきた。
ニトリの安さに惹かれ、母はインテリア良品を次々と買い物かごへ入れていた。


水曜。
ぽかぽか陽気に誘われてはるばる「ショパンの丘」で本を読む。読む本は「クジラは潮を吹いていた」である。

Img_5205

「解体」の轟音が聞こえる中、ぽかぽか陽気は思いのほかボクに「紫外線」を浴びせ続けるので、30分で退散。その後は駅近辺をブラブラしていた。
日も暮れ始め、cheeと合流。兼ねてから約束していたべんがら横町で讃岐うどんを食べることに。
本日なんと半額デー。

デカイかきあげが乗ったおろしうどんを注文。安い、旨い。

Img_5206


|

2009年3月18日 (水)

ようこそセットアップへ

月曜日。

matsuのMacが届いたということで、我々は卒業後すぐにヤマダ電器に集結することになった。

購入後、陽気で暖かい春の装いを感じさせる板屋町界隈をブラつく。
LOLOカフェでランチ。自分は春キャベツのパスタ。
 
Photo

自然派エコロジーをスローガンに掲げたフェアトレードのお店「サウスウインド」にて、エクアドルの先住民族に伝わるハチドリの民話が載った小冊子を購入。切り絵のようなイラストが良い。
「今わたしにできることをしよう」というメッセージが込められている。

その後は、matsu宅にお邪魔させていただいた。
インテリアセンスが隅々にまでゆき届いている部屋でさっそくMacのセットアップおよび、アプリケーションのインストールなんぞをすすめた。

ケーキが出された。おしぼりの出し方まで気がきいている。愉しくおいしくいただきました。

Photo_2

日もくれ、夕飯はお好み焼き本舗へ。ドリンクバーには「わたがし」も含まれ、おそらく生まれて初めて自分でわたがしを作った。
途中ザラメが顔に飛んできて痛い思いをしたので、怖くなってそれ以上はやめた。

|

2009年3月15日 (日)

くじらは潮を吹いていた

自宅マンションのエレベーターボタンを人差し指の第2関節で押していることに気づいた。無意識にしている。以前何かで、ボタンを指で押さないヒトは「潔癖」ということを聞いたことがあるが、おそらくボクが指で押さない理由は「つきゆび」を回避するためという説が有力なのである。はい、次。
 
 
佐藤卓著「くじらは潮を吹いていた」が届き、少しずつ読んでいる最中。
ロッテクールミントのパッケージデザインした人。中にはこれもそうだったの?ってのも多々ある。
卓氏自身がこれまでデザインしてたものをどういった考えでこうなったデザインなのかということをわかりやすく解説してくれている。たいへんおもしろく読んでいる。

土曜 、cheeとイオン志都呂へ行ったり、丸亀自販へ行ったりした。
丸亀自販へは先週cheeが購入した自転車を取りにいった。乗ってみたがなかなか良い感触。

カレーショップ「サンマルコ」でイタリアトマトのカレーをいっぱいのトッピング用のパイナップルで食べたのは日曜日。

|

夜明けの逆ドッキリ

この一週間は「ゴタゴタ」によってすぎていき、金曜日には無事、半年間通い続けた校を卒業するに至ったんである。
これからまたいつもとは違った生活をすることになる。辛いものである。

午後には職安にて修了手続きを済ませ、その後はいつものメンバーであるkato-sun、matsu、maruno-sunとともに打ち上げ。

「パンガン」にて、生春巻や、イカのヤツ、唐揚げのヤツ、チャーハン的なヤツ、グリーンカレーやらドリンクやらをつまみに、談笑やいろいろ深い話で盛り上がる。
あ、そうそう。
先日kato-sunが誕生日だったので、我々は三人からのサプライズなプレゼントを用意していた。
kato-sunがトイレにたったときを見計らって、手紙をかいてプレゼントに添えるなどもした。計画がバレないように進行していく。
それはそのまま「パンガン」後、話は「ガスト」に持ち越される。
「ガスト」にてボクがドリンクバーに席をたってもどってきたとき、ナニか違った感触でそれが実行されたのである。
なんと、kato-sunがみんなからといってボクにプレゼントをよこしたのである。
「????????」が頭を堂々巡りしたのもつかのま、テーブルの下からmaruno-sunからkato-sun用のプレゼントを手渡され、わけもわからず、それをkato-sunにプレゼントしたんである。
「????????」がkato-sunの頭にもおそらく堂々巡った事であろう。

maruno-sunの策略で、ボクはkato-sunへのサプライズプレゼントを用意し、kato-sunはボクへのサプライズプレゼントを用意するよう最初から計画されていたんである。

kato-sunとお揃いの手提げバッグをいただきました。
ボクの誕生日はとっくにすぎているため、もらえるものとは知る由もなくで。
なんとも姑息で周到なサプライズに感動いたした。

結局、朝方4:30頃解散。家に着きしだい、バタンQした。

|

2009年3月 8日 (日)

マリオを遊ぶ

卒業間近。
現在Eda-sunから借りている「自分の仕事をつくる(著・西村佳哲)」を必死に読んでいる最中。
デザイナーを中心にインタビューなどを織り交ぜ、それぞれのワークスタイルから働き方とはと問うたいへん良い書。

日曜。

kitamuraとmachan、来たる。昼はcoco壱番館で、ちょいデカメンチのカレーをごちそうになった。
目的はほぼ「マリオテニス」と「マリオカート」。
TVゲームというものを永遠とやって盛り上がったのは久々である。

さて、今から借り物の本を読んでしまわねば。

|

エクススープ

車を走らせていると現在では珍しい至ってフツウのJKが一人まるでモグラたたきのようなジェスチャーでもって何を叩くでも無く、しかもニコやかにブンブンと拳を縦に降っている光景を見たんである。不思議に思ったがその疑問は50m後に現れた現在では珍しい至ってフツウのJKが一人まるでハエたたきのジェスチャーでもって手のひらを空にかざした後、おそらくは「パイナツプル」と叫んだであろう口もとが教えてくれたんである。

土曜。
徐々に春めいて参りました。
パンクして眠りっぱなしだったエクスウォーカーをそろそろ動かしたくなるわけで。
そこでcheeと久々丸亀自販へと向かう。

途中スープウエアハウス「ソケット28」で、軽食をいただく。北欧スタイルの店内は洒落乙。

Img_5000_2

Img_5002

スープセット。各二種ずつ。自分は、オニオングラタンスープとグリーンカレースープ。cheeは五穀のチキンスープとミネストローネ。全体的に優しいお味。それぞれおいしくいただいた。

丸亀で、エクスウォーカーは蘇生され回生された。
cheeは出勤手段として安価の折りたたみを契約した。そんなこんな。

|

2009年3月 3日 (火)

タイ改

休日の月曜。

この日から臨時仕事を始めたchee。
こちとら暇だったのでcheeの仕事終わりを見計らって、浜松へ出向く。
タイ料理を食べたくなって「サラカム」へ。

香草満載の激辛スープから、黒酢味の麺料理、パイナップル入りチャーハン、そして定番ココナツでざーとと盛りだくさん。どれも美味。

Img_4993
 
Img_4996
   
Img_4997
 
それはさておき!
新アニメ「ドラゴンボール改」ってなんなんだい…

|

二つの作品展

3月1日 日曜。
技能祭当日だった本日。
開始と同時に子供を連れた親御さんらがどっと押し入ってきた。
終了までわりと滞ることなく予想よりはるかに忙しない日であった。

校の話はさておき。
終了後は、最終日ということで静岡文芸大の卒研展にゆこうとなった。
メンバーは恒例のkato-sun、matsu、新たにmaru。
いわば今日は我々も作品展を行ったわけであるが、プロの卵のそれはもはや比べ物にならないくらい出来が良い。

Img_4964

折り紙をイメージさせるイス。などのオリジナルのインテリア作品や、

Img_4972

壁面巨大バーチャルブロックくずし(勝ってに命名)。
自身がブロックを手にもって上から降ってくる玉を打ち返すことができる。
このような映像を使った体験型の作品も多数。
こんなものが作れるんだからすごい。
 
展示量も多く、敷地も広く、結局終わりまでいた。ユミンポさんにも会えた。
 
その後我々は食事へ。「C2」でカレーをいただく。なんだか最近カレーが多い。

Img_4990

前にも来たことあったけど、今回は良いものを食べた。
食事は美味く、会話も弾んで、満足した。

|

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »