« ちくわどんぐり | トップページ | 運びの難のためなわけで »

2009年1月 4日 (日)

東南角部屋苺の大福

1月3日 土曜日。
 
yamazaki-senseからいただいた映画チケットを消化しよう。
16:50上映の『東南角部屋二階の女』を観に、初めて「シネマイーラ」を訪れる。
監督・池田千尋氏の舞台あいさつが行われるとあってこの日を選んだ次第。
あ、やっぱりといった感じでyamazaki-senseと出くわし、一足先に新年のあいさつを交わす。
映画は淡々とした内容だったが、人との交流が互いに影響を与えてゆくといった良い作品だった。
 
「苺大福が食べたい」「苺大福が食べたい」「苺大福が食べたい」
そう思って何日にもなる。
強く思っているのはむしろcheeの方なのである。
「苺大福が食べたい」「苺大福が食べたい」「苺大福が食べたい」
すぐに売り切れ。今はなかなか手に入りにくい代物だ。
 
遠鉄に売っている苺大福は見た目があんまりだったので避けていたのだが、ここまで気持ちが高ぶってはもはやいたしかたなし。
ここは妥協し買ってみた。
 
Itigo
 
ーーん、やはり。といった具合。
 
帰宅後、中断していた『アズールとアスマール』の続きを観た。
少年の成長を文化の違いを交えて描いた冒険ファンタジー作品。

|

« ちくわどんぐり | トップページ | 運びの難のためなわけで »