« ロングライフとエコロジー | トップページ | 置き去りになったピザ »

2008年11月16日 (日)

ロングライフとエコロジー続

そのあと特に行くあてもなかったため、早々14:30に『D&DEPARTMENT PROJECT SHIZUOKA by TAITA』に到着。

Dd

立地は1Fの大きなウィンドウ越しに、田園風景を挟んだ富士山が見える、静岡ならではの風景が広がっているところに位置している。とあとで聞いて知った。

この日は残念ながらの曇り空で、肝心の富士山は見られなかったのだが。

イベントやパーティーは、18:00からということで、期待に胸躍らせながらもゆったりと店内を見てまわることに。

店内はショップとカフェに別れていて、カフェ寄りの入り口付近に、各地方から足を運んだと思われるそれらしき関係者とケンメイ氏本人がテーブルを囲んで何やら話し合いをしていた。

「おー、本物…」

最近ビデオで見て知ったばかりだが、やはり「有名人」というオーラに少し恐縮してしまう。

商品や展示物は、いつかどこかで見たことあるような品々で、これまで気にも留めていなかった身近なモノがココに並ぶことで、なぜだかとても「イイもの」に見えた。

七味唐辛子の容器やアイスクリームの箱、学校にあるようなロッカー、食器類、文房具、医療用容器など古き良きモノが様々。これら全てが、デザイナー・ケンメイ氏によって選ばれている。

2Fには各ブランド60年代の椅子や机がキレイにレイアウトされていた。

そこで、女性スタッフのharada-sunに声をかけられたことをきっかけに、なんだか話が盛り上がってしまい、すっかり1時間半くらいがトークによって過ぎていった。

日も暮れ始め、店の外ではテーブル運びなどパーティーの準備が行われ始めていた。

お店の目の前の駐車場に堂々車をとめてしまっていたボクは、少々不安になり、外へ出て女性スタッフに「ここに置いてはお邪魔ですよね…?」と声をかけ尋ねた。

すると近くの駐車場を案内してくれ、そこに移動することを薦められたので、すぐさま車に乗り込み、エンジンをかけたが、とその時。

我々のすぐそばにいたケンメイ氏が近寄ってきたので、車窓を降ろしたら、ボクの車を見て「ちょっとみせてよ」と言って声をかけてきた。

さらに、窓から顔を割り入れ、「イイねー」と。

ボクはなぜかテンパって、「あ!イイですよねー、あは!はい!あ!ありがとうございますぅ!」なんて、ヘンテコな対応をしてしまった…。

さて、パーティーも近づいた頃、ぞくぞくと店内にはお客が集いはじめ、同じクラスの数人も見受けられた。

Dd2

あとはめんどうなので、写真で。ちなみに上の写真、左隅にいらっしゃる男性がご本人。

Dd3

料理人による魚生解体など新鮮な海の幸やら、地元の食材を使った料理がなんと無償で食べ放題、飲み放題。なんと贅沢な。

シャレオツな人たちの群の中、半ば場違いとも思える我々だが、遠慮なくも食べまくる。

Dd4

店内では、女性シンガーによる歌や笛やタイコの生演奏、外では大道芸人によるパフォーマンスで盛り上がっている。

イベントの最後には、モチ投げも行われ、静岡の夜を、『D&D』記念パーティーの夜を充分に満喫したのであった。

Dd5

お土産も買ってきた。

学校給食ではオナジミだった「フォークスプーン」。「亀の子たわし」。「ホテルのボールペン」。飲食店でよくみられる「コップ」。

飲食店でよくみられるコップだが、たくさん積み重ねられるように工夫されたデザインである。こうしてみてみると、なんだかオシャレに見えてくるから不思議である。

ちなみに、これらを包装していた紙(下にひいてあるやつ)は、雑誌の「色校(色を校正するために刷った試し)」だし、

紙袋は、まったく別の店舗の紙袋に、『D&DEPATMENT』のシールを上から貼っただけのものである。

「ゴミ」がこうして面白く完全活用されている。なんてエコロジーだろう。

また足を運ぶこともあるだろう。『D&D』プロジェクト、古き良きモノに今再びの光を。

陰ながら応援してゆきたい。

|

« ロングライフとエコロジー | トップページ | 置き去りになったピザ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロングライフとエコロジー続:

« ロングライフとエコロジー | トップページ | 置き去りになったピザ »