« しそ梅酒 | トップページ | CDとDVDとCMとPHONON »

2008年11月26日 (水)

ヒラサワにヒラサワ

クラスメイトのyoshikawa-sunから借りていたCDは本日返却しておいた。

安東ウメ子氏のアイヌミュージック『ウポポサンケ』と、海外輸入のアジアサウンド『Buddha Bar:Nature』。

『Buddha Bar:Nature』の方はDVDも付いていて、「アース」をイメージさせる動物たちの神秘の世界をふんだんに収めたミュージックビデオだった。

2枚とも良かったので、うちのムーディサウンドとして登録した次第。

実はそれとは別に、昨日もyoshikawa-sunからCDを借りていた。

カザフスタンPOP? まだ未聴である。

 

クラス内で「音楽の趣味」に関する会話が飛び交う中、当然ボクにもそんな質問が飛び火した。

「どんな音楽きくの?」である。

ボクにはほぼ毎日のように聴いている確固たるアーティストがあるが、ここでは

「ヒラサワススム」と自信なさげに答えた次第。

結果、アタリマエのようにご存知無かったようである(唯一komata-sunは知っていた!)。

しかし、クラスメイトに「平澤さん」という女性がいる。

その平澤さんが、同じ苗字に共鳴したのか、弟さんに「ヒラサワススム」を知っているかと尋ねたところ、「懐かしいね」という反応が返ってきたらしく、平澤さんは「ヒラサワススム」に若干の興味が芽生え、是非CDを貸して欲しいと言ってきた。

「平澤」が「平沢」を聴くと。面白いので貸す事にした。

ちなみに、ボクが選んだアルバムはこちら。

入門として調度よさげの『AURORA』、

個人的にお薦めの『賢者のプロペラ』、

上の二つとはまったく異なるテイストを持つ『BLUE LIMBO』、の3枚。

さて、いかがか?

|

« しそ梅酒 | トップページ | CDとDVDとCMとPHONON »