« 何の日也? | トップページ | 課題ing »

2008年11月 4日 (火)

気付かないふりの組織

いつもの眼科へ向かう電車内で、思わず二度見をしてしまわずにはいられない人物に遭遇した。

その人は「今泉」に似ていた。

いや、とにかく似すぎてるぐらい似ていた。

「TEAMの丹波」より「ガスター10」、「ガスター10」より「今泉」であるその西村雅彦似は、

社会の窓を全開にして、ボクの向かいに座っていた。

いや、いさぎよすぎなぐらい全開だった。

そんな全開の窓からは、地味なチェックの下着をのぞかせていた。

皆、気付いていたはずである。

西村雅彦似のチャックが全開である、と。

皆、そのことに気付いていながら気付かぬふりをしているのである。

そして、内心では密かに笑いを堪え、さげすみ、またはそれを陰でネタにして喜んでいるのである。

ボクもその組織の一人であるからして。

 

ちなみに、眼科通院は本日で終了。「逆さマツゲ」は無抵抗のままボクのまぶたから引き抜かれていきました。

 

本日の一口メモ:

先日行った一条工務店の一条おじさんから、大きなお世話のカタログと、ちょっぴり嬉しい高級ブナの木写真立てが贈られてきました。

封筒は、ボクと、「奥様」に宛てられていました。

いまだにおめでたい勘違いを続ける一条のおじさんは、添えられた手紙に、いい歳をして両手でピースを決めたポーズの写真を貼付しておりました。

憎めない人である。

|

« 何の日也? | トップページ | 課題ing »