« 休業のお知らせ | トップページ | 1(ヌン)-不安 »

2008年9月13日 (土)

0(スーン)-空路

9月8日(月)から12日(金)にかけ「タイ・バンコク」へ行ってきた。

悦楽の旅はまたたくあいだに過ぎてゆき、そして無事に帰国した。
超・長期休暇中の最大イベントになったであろう今回の旅。
ここから先は旅地にて収獲した写真群をふんだんに使用し、旅の全容をダイジェストにレポートしていこう。
同時にタイ文化や歴史、観光地の解説も交えて「魅惑の日々」を振り返る。
 
何はともあれ「MIEUNA-NOTE」の再開である。
  

 

■Day1<バスで空港へ> 
Photo_38 寝つけぬ夜の峠を乗り越え、

朝は早めに目が覚める。
出立当日。浜松にてcheeと合流。
逸る期待と深まる不安のカオスを抱えた我々は、

高速バス「e-wing」に乗り込み、
名古屋『セントレア空港』に向け発向する。
9:45発。

  

 

■Day1<セントレア空港>

Photo約2時間後。

バスは「セントレア空港」に着す。
ここへ来たのは二度目だ。

平日ともなれば人はわずか。

空港の全貌が見渡せた。
不理解ながらパスポートと荷物の手続きを何やかんやでクリアする。
時間は12:00。出発まで余裕がある。 

Photo_3にぎやかなるレストランエリアで昼食としよう。
寝不足が重たい食材を拒否している。
数ある店舗に目移りしつつも

『風々茶屋』にて「ざるきしめん」をいただくことに。

名古屋だから「きしめん」。

なんと安直か。
  
 

■Day1<JAL機内>
Photo_4「いよいよ」。と機内へ乗り込む。

飛行機の羽が大きく見える窓際席。
飛行機に乗るのは往復含めてこれで5度目だ。

しかし飛行機の離陸はいまだに慣れない。
離陸のために滑走する猛スピードに恐れおののき、

我々は顔を見合わせ大笑いしてしまう。
我々は、13:00をもって日本を後にした。

 

Jj

前面の座席に設置された小さなモニターで映画などが楽しめる。

時間はこれで潰せそう。
作品メニューの中に「ドラゴンキングダム」があったので、観る。
我々の旅を祝してか、ジェットもジャッキーも微笑んでくれている。
余談だが、

吹替版は仮ものであり、ジャッキーの声も石丸博也じゃないところがウケた。

Photo_515:30頃、早々に「夕食」が差し出される。

ドリア。
「食べたばっかなのに」と言いながらも

キレイに食べた。
また、先行上映ということで

「アイアンマン」もやっていた。

すかさず鑑賞。
色んな意味で映画館に行かずに済んだ。
「日本」から「タイ」までは約6時間だ。こうして空路の時間は有効に使われていった。

|

« 休業のお知らせ | トップページ | 1(ヌン)-不安 »

タイ・バンコク旅記」カテゴリの記事