« ・・・・・・。 | トップページ | ようこそのページ4 »

2008年8月15日 (金)

幻と再会

本日バリュの出入口にて、「おっぺけぺだぁ!」と仰天する。

いや、あまりのことについ、そう口走ってしまいそうになった。

Photo_5 説明しよう。

思えばボクが、かれこれ小学4年か5年の頃だっただろうか。近くのおもちゃ屋に通っては夢中で集めていたゴム製の水鉄砲が存在した。

「おっぺけぺ」という。

モンスターの顔をもつボール型のゴム製水鉄砲。主な使用場所はお風呂である。

当時のボク少年は、妖怪だのモンスターだのが何故かやたらと好きだったと思う。

「おっぺけぺ」は全12種類。袋の中はなにがはいっているかわからない。

当時は結局コンプリートにはいたっておらず、かわりに「ザマミロジョーズ」というモンスターがやたらと出ていたのを記憶している。

当時描いていた自作マンガにも「おっぺけぺ」のモンスターをパクったキャラクターを登場させている。その点においてもボク少年が「おっぺけぺ」から受けた影響は大きいといえる。

さて、現代。実は何かとウェブ上をまさぐってはその存在を確認しようとしたことが何度かある。

ボクの周りで「おっぺけぺ」を知っている人間は一人もいなかったからだ。

しかし。ウェブ上でも有力な情報を探すことはついに出来なかった。

「おっぺけぺ」はまさに「幻のおもちゃ」になってしまっていたのだ。

それが、本日。

ついに現代に蘇った幻の「おっぺけぺ」を発見してしまったわけだ。

仰天するに決まっている。

キャラクターのデザインはそのままに、なんとそれは「ガチャポン」で復活を遂げていた。

懐かしさを刺激されて思わず100円を投入。

Photo_6 「カボタリン」が出る。

当時は300円くらいで、もっと大きかったと思う。

小さくなってクオリティも低下してる。

「懐かしい」ということ以外、おそらく何の価値もないこのおもちゃ。

一体だれが買うんだろ。

|

« ・・・・・・。 | トップページ | ようこそのページ4 »