« 生ジュース-にんじん編 | トップページ | 水と光が育むもの »

2008年8月11日 (月)

突風ワゴンがゆく先に

突風ワゴンで来たじいじとばあば。

ボクと弟のThorを乗せていずこへ向かう。

南へ。南へ。走るワゴンはミッション車。

田畑。田畑。時に繁茂のロータス区域。

緑を撫でるビューフォート風力階級3の風。

穏やかなる次元にワゴン車は安着。

Photo

うなぎ専門店『しまごん』。

うげ。すっげー混んでる。こんな人里離れた緑地によくもまあ。

店内の入り口付近には溢れんばかりの民達が。

人気店ということを認知するには充分であった。

写真右隅に門番のような男性が仁王立ちしているが、おそらく彼は門番ではない。客だ。

敷地の裏にはルアー・フライフィッシングが楽しめる釣り堀も存在。

結局店内に腰を降ろせたのは1時間後であった。

Photo_2

「うなぎの上」をオーダー。むろん、値は張る。

待っていた分、期待度は絶頂。

一口食べて違いを認識。分厚さゆえのこの弾力。そして噛めば卵のようにほぐれゆくこの舌触り。

たいへん美味い。されど見た目以上のボリューム。

ちなみに、「並」「上」「ジャンボ」の違いは、やはりそのうなぎの太さらしい。

辛くも完食。満腹する。

突風ワゴンは気持ちユラユラしながら帰路へつく。

ごちそうさまでした。

|

« 生ジュース-にんじん編 | トップページ | 水と光が育むもの »