« WEB版 | トップページ | 拝借のDVD »

2008年7月 9日 (水)

のん気にくらしなさい

「あたし目玉おやじだー」

朝会を終えてまもなく、社内の女子らがざわめきだす。

「わたしなんか、ねずみ男だし!」

鬼太郎好きで知られるボクのそばで「目玉おやじ」だの「ねずみ男」だのって騒がれれば、興味が湧くに決まっている。

そんな突然訪れた鬼太郎ムーブメントに目や耳や体を傾けようと思った瞬間、女子らは手に持ったクッキーをボクに見せつけてきた。

なるほど、これか。

そのクッキーには鬼太郎のキャラクターと、水木しげる先生のありがたい格言が施されていた。

どうやら、鳥取取材から帰ってきたume-sunからのお土産らしい。

ume-sunはなぜか女子にしかお土産を配らないという習性を持つので、ボクがその「鬼太郎クッキー」をもらえなかったのは無理はない。

別段欲しかったわけではないが、それを哀れに思ったか、女子らがそれぞれのクッキーをボクにくれた。「目玉おやじ」「ねずみ男」「鬼太郎」。全3種類のクッキーが一挙に揃う。

鬼太郎の故郷である「鳥取」には興味があったので、ume-sunに話を伺いに行くと、鬼太郎からもらったというプレミアな名刺をみせてきた。

しかもくれた。

その名刺には、「とっとり妖怪観光大使・ゲゲゲの鬼太郎」と書かれ、一緒に鬼太郎のイラストも描かれていた。

「わーい」

俄然、鳥取へ行きたくなった。

ちなみにタイトルは「ねずみ男」のクッキーにかかれていた格言を引用。

|

« WEB版 | トップページ | 拝借のDVD »