« ある会の日の前の晩 | トップページ | いつぞやのお礼に »

2008年6月30日 (月)

ある会の日

6月28日土曜。 このように、ブログの更新が遅れた場合は日記風の書き出しになってしまう。

この日「第2回アニメーション上映会」が開催された。

「アニメーション上映会」とは、各個人がそれぞれプレゼンするアニメーション作品を持ち寄り、順にそれを鑑賞して、「面白いアニメーションを皆で共有・共感する」というナイスな企画である。

そこには普段観ようと思っていても観るに至らなかった作品やまったく未知だった作品が、プレゼンターの解説付きでタダで観れるという利点があったりする。

とはいえ、いたって真面目であり健全。プレゼン用の作品の選抜にも若干のプレッシャーさえ感じるものだ。

会場は前回同様、ビジョンにせよ、サウンドにせよ、シアターシステムが人並み以上に揃っているであろうボクの部屋。メンバーも前回に引き続き、naruse-kunとmizushima-sun。

朝8:30に集合し、そのまま鑑賞のお供となるジャンクなフードやお茶の類を買出しに。

9:00より上映開始。今回、「長編」を避けた作品でプログラムが組まれていた。

ということでまずは今敏監督のTVシリーズ『妄想代理人』の第5話「聖戦士」をプレゼンツ。

鑑賞一発目としては我々のテンションと内容のテンションとのバランスがうまくとれてて良かった。次に繋がるスタートダッシュになれたであろう。

自分が奨めるアニメーションをいちいち記事にするのもどうかと思うので内容は割愛。

次はnaruse-kun推奨、ガイナックス制作の『フリクリ』の第1話。常識外れな展開がめまぐるしく続く風変わりなアニメーションだった。内容のテンションが以上に高く、我々の勢いは増す。初見だったけどなかなかにして興味深く、つづきも気になった。いずれ観るだろう。

なんてこともいちいち記事にしていたら長くなるので以降割愛。

次はボク推奨サンライズ制作『プラネテス』第1話。次にnaruse-kunの『ヘルシングOVA』を鑑賞し終えたところで、お昼に突入。

昼食を摘みつつも、鑑賞は続く。『アニクリ15』、『エヴァ実写パート』など。

午後は休憩ということで、TVゲームに興じる。

こんな休日。なんだか昔を懐かしく思った。

その後、今敏監督作『東京ゴッドファーザーズ』を観る。こちらは皆がすでに鑑賞済みということだったので、「東京ゴッド~を百倍面白く観れる解説」を披露しながら鑑賞。

次に、この日唯一のmizushimaセレクション、庵野秀明監督のSFロボットアニメ作品『トップをねらえ!』の最終話を観る。

感動の余韻に浸りながら、全上映作品が終了する。

フィナーレとして平沢進氏の『地球ネコ』をあてがう。「NHKおかあさんといっしょ」のカテゴリーには不適合なその曲に驚いていただく。これで平沢進氏にも興味を持ってくれると嬉しい。

以降、プログラムの枠をはずれた歓談に興じ、結局解散は夜10:30であった。

今回自分のプレゼン作品が大量排出されてしまったので、次回分(あるかわからないけど)の作品をこれからストックしていかねば。

|

« ある会の日の前の晩 | トップページ | いつぞやのお礼に »