« 曖昧のパズル | トップページ | REC番組 »

2008年6月17日 (火)

誇れる日本人像

今しがた『江戸の遺伝子(徳川恒孝/著)』を読み終える。

ずいぶんと前に入手したと思うが、なかなか時間が合わず結局今日までもつれ込んでしまった。

江戸時代を中心に日本と世界の歴史や文化の教養を一挙に詰め込んだ本である。なかなか読み応えのある良書であったといえる。

何よりいまは「読むこと」が面白い。

いつ「読める」時間(つまりは暇)が訪れるか判らないから、本は買い溜めしておこうと思う。

お金がかからないってところも良いのである。

|

« 曖昧のパズル | トップページ | REC番組 »