トップページ | 平沢ライブ・アルバム »

2008年4月22日 (火)

幕開けのきっかけ

さあ「ブログ生活」の幕開けだ

とはいえ、そんな生活には縛られたくないものである。「気さえ向けば更新する」という態度で臨もう。

物事を始めるときには必ずと言ってよいほど“きっかけ”が存在する。

いや、そうでない人もいるだろう。思い立ったらすぐ行動タイプがそれだ。

少なくとも自分は“きっかけ”がないと動けない。

「ブログ」は“やりたかった事”の一つだったが、本日をもって開幕させたのにもやはり“きっかけ”が存在した。

最近、車の燃料消費の軽減と、体力衰退の防衛のために自転車を購入。

『エクスウォーカー』という折りたたみ自転車で、8インチという小型タイヤながらなかなか快適な乗り心地。気に入っている。

けどあんまり乗ってない。盗難防止対策としての「鍵」の購入に手こずっていたからである。愛チャリを想うがあまり、強靭な「鍵」を求めて彷徨った2週間。結局ネットの通信販売で良さげな鍵を見つけて注文。なかなか高価だったが、安全性は「切断は容易ではない」ということだったので決断。昨夜、届く。

見て唖然。というか失笑。

めちゃくちゃデカイし、めちゃくちゃ重い。でも「切断は容易ではない」。 うむ、確かに。

いやいやいや、こんなの持ち運べないだろうに!

期待を裏切られるとその落胆度は大きい。しばらく後、返品手続きをすることにした。だが規約によれば、返品しても全額が返金されるとは限らないらしい。ちょっと袋破っちゃったし。

それが「ブログ」幕開けのきっかけであった。

買物の失敗を“きっかけ”とすることで、思考プログラムを転換。「失敗したから新たなことを始める」という別のプロセスを構築し、またそう思い込むことで心の平静を保たせた。その効果はあったと思う。 結果、やりたかった「ブログ」を始められている。

実は失敗はこれだけではない。ほぼ同時期、購入した春物の衣服がサイズ違いだったことに気付かされる。これはすでに返品してサイズ交換してもらったが、近頃「買物の失敗」が立て続けに起こっている。

「大殺界」の三文字が頭をよぎる。そういうのは信じる方である。

今年来年、慎重な買物を心掛けよう。

|

トップページ | 平沢ライブ・アルバム »